リング経8ミリのシステム手帳でリフィルがめくりづらかった話

先日、システム手帳を買って、いろいろと触ってたんだけど、なんかリフィルがめくりづらいところがあるなぁっと思った話。

どこが悪いのが色々と見てたんだけど、一部のリフィルで穴の位置が微妙に違うのが原因だった。こんな感じ。ほんの少しだけど、穴の位置が内側に寄っているやつがある。

f:id:atyks:20181213063030j:plain

比較してるのはレイメイ藤井の奴とエトランジェディコスタリカの奴。穴の位置が奥まってめくりにくいのがエトランジェ。

この微妙な差がリング経8ミリだと効いてくるらしく、こんな感じで左右のページがリングの中で余裕が無くなってしまうっぽい。

f:id:atyks:20181213064213j:plain

f:id:atyks:20181213064221j:plain

ちなみに手持ちにあった以下のリフィルだと穴の位置は特に問題はなかったっぽい。重なってて見えないけど。

f:id:atyks:20181213064413j:plain

あー、でもこれもレイメイ藤井なのでなんとも言えないな。ほかのメーカーのリフィルが無いので試せないけど、全体的にはどっちの穴の位置が一般的なんだろ。

まぁ、今回の場合だとレイメイ藤井のリフィルを使ってれば問題ないので、今後は少し気にしてみるか。という話。

システム手帳をレイメイ藤井のエアリーゴートに買い替えた件

 以前どこかで書いたけどシステム手帳は大好きで日常的に使っている。個人的にはシステム手帳界隈はもっと盛り上がってほしいし、いろいろ可能性があるような気がしている。っと言いつつ、システム手帳のバインダーは一度買ってしまうとそうそう買い換えることもないし、買い増してもあまりいいことはないので消費には貢献できないよなぁっと思っていた。

 それに輪をかけて、常用しているバインダーはリヒトラブのバインダー。いや、必要十分だし使ってみてすげー便利なんだけど、実売価格500円以下。ワンコイン。システム手帳を使ってみたいけど、あんまり初期投資が高いのは…って人には迷わずおすすめしたい。この素晴らしい製品を買い換えるモチベーションって難しいよね。

リヒトラブ ツイストリングノート アクアドロップス N5020-1 乳白

リヒトラブ ツイストリングノート アクアドロップス N5020-1 乳白

 というような日々を過ごしていたのだけど、最近MP(心の力)が枯渇気味だったこともあって、システム手帳のバインダーを買い替えました。買い替えたのはレイメイ藤井のエアリーゴート。すげー悩んだけどリング径8ミリのやつ。リング径15ミリはかっこいいんだけど、持ち歩くことを考えると少し悩んでしまった。

 色はグレーをずっと考えてたんだけど、最後店員さんに買うことを宣言したタイミング、土壇場でネイビーを選択。なんかネイビーが良くなっちゃったんだよね。

 エアリーゴートは、出始めのときからずっと気になっていて悩んでたんだけど、こういうタイミングで買ってしまった。実際使ってみてあんまり経ってないけど良い感じ。っというかシステム手帳なんて、所詮ははただの紙束。リング径以外はバインダーを買い替えても使い方が変わるわけでもないし、便利になるわけでもない、ぶっちゃけると代わり映えはしない、逆にそれが「システム手帳」の良いところ。それでもバインダーを買い換えるとなんというか、MPが回復する感じがある。あー、良いなぁってなる。ちょっとニヤニヤしちゃう。

 繰り返すけど、リヒトラブのやつが悪いなんてことは全くない。良い製品だし、これからも使いたい。ちょっとだけ表紙が安っぽかったり長く使うと表紙がたわんだりするけど、そんなことはどうでも良い。実用品かくあるべし。ただね、MP回復を目的とするとね、少しだけね、回復量がね…。

 しかし、こうやってバインダーを買い換えると、次はリング径15ミリのバインダーも欲しくなってくる。ほら、保存用というか、少し多めに挟めたほうが良いよね的な?いつもはリング径8ミリを使っていて、カバンの中にはリング径15ミリのを忍ばせておく的な。まぁ、その辺の構想は次のときのために残しておこう。そういうことにしておこう。

システム手帳のバインダーが気になる

 Togetterでシステム手帳のバインダーに関するまとめがあって、やっぱりいい感じのバインダーほしいなぁっという気持ちが湧いてきた。だいたい買う予定もないのに文具雑貨屋のシステム手帳コーナーは巡回していることが多いのでこういう話は大好き。

 ここで挙がっているものの中で気になるのは、やっぱりロロマクラシック。全体のガッシリ感と適度にくすぐってくるデザインがいいよね。実際使うとなるとおもそうだけど。憧れる感じ。

 ここに挙がっていないので気になるのもいくつか。

 まずはアシュフォードのイシュー。アシュフォードの場合はバインダーじゃなくてジャケットって言うんだっけ。ぱっと見シンプルな作りの割に、縁に謎の差し色が入って妙に主張してくるやつ。

 サイトによると「革との絶妙な色合わせで魅力的なコバ仕上げ。キラリと光るワンポイントになっています」ということらしい。

 もう一つはレイメイ藤井のエアリーゴート。こいつは店頭で見かけたときに、素直にかっこいいなぁっと思ったやつ。金持ってたら買ってたわ。リングのサイズ違いで2種類あるんだけど、どっちもいい感じ。シンプルだし、触り心地もすごくいい。

 会社用で15mm、プライベートで8mmとか想像するくらいにはねぇ。

 で、こういうことを考えるんだけど、実際に使っているのはリヒトラブのAQUA DROPs ツイストノート。いや、すごくいいんだよ。便利だし、取り回しは聞くし、安いし、雑に扱っても大丈夫だし。ただ、システム手帳って実用とは別の面もあるからさ。いいやつは欲しくなるんだよね。

http://www.lihit-lab.com/products/catalog/N-5020.html

 ちなみに、ツイストノートについてこんな感じのことを書いたり書かなかったり。

システム手帳、リングが邪魔問題の解決案を調べる

 システム手帳のリングが邪魔で左側のページが書きづらい問題。自分の中ではシステム手帳のリフィルは片面のみ書くのが適していると思っているので解決済みではある。

 が、そういえば世間様ではどういう風に対応しているのだろうと気になったのでざっと調べて覚書的にピックアップしてみる。リストアップしたのはGoogleで「システム手帳 リング 邪魔」で検索した結果のページをザクっと見ていった。

 おおよそ、諦めるよ派、工夫するよ派、慣れだよ派、手帳を選ぶよ派がいるような感じ。片面だけ使うよ派は少数っぽい。なるほど、いろんな考え方があるんだな。

 あと、片面だけ使うよ派の自分が想定していなかった問題点としては、カレンダー系かな。自分はスケジュールの管理をシステム手帳ではやってないので気がついてなかったけど、スケジュール関係のリフィルを使っていると、片面だけ使えってのは暴論になるなぁっと思った。やっぱり調べてみるもんだね。

邪魔でも無理やり書く
一旦バインダーからリフィルを外して書く

普通のスケジュール帳からシステム手帳へ乗り換えた理由。 – アイスハート
 

 

左右のページの厚みが同じくらいになるように真ん中から書く

システム手帳という選択肢①-目鱗ポーンからの手帳選び- – maroom
 

 

コツを身に付ければそんなに邪魔に感じない(詳細不明)

システム手帳論考2_【バインダーの選び方】 – いろは。
 

 

リングがないものを使えばいい

リングを使わないバインディング システム (全文) [ステーショナリー・文房具] All About
 

 

デメリットとして受け入れる

仕事の質が上がる!システム手帳の便利なリフィルと使い方6選
 

 

リング径が小さなものを使う

ASHFORD【アシュフォード】システム手帳やシステムバインダー、リフィルのオンラインショップ
 

 

慣れ、コツ、リングのない別のノートを使う

リングタイプの手帳って使いこなせますか?社会人の女性です。職場や取引先等で… – Yahoo!知恵袋
 

 

頑張る、ページを横にしてリングが上に来るようにして使う。リングから外して使う。「システム手帳の極意」という本に、リングが邪魔にならないで書ける方法が載っている

システム手帳の使い方 : 生活・身近な話題 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 

 

リングとの段差を縮めるために後ろページから使う

バインダーのリングが邪魔で左のページが書きづらいときは工夫してみる:自転車通勤会社員の北海道日記
 

 

右側は書き込みスペース、左側は閲覧か空白のスペースと決めてしまう
右側記入が原則です。

システム手帳A5サイズの使いやすさとメリット | ライフハックPRO
 

 

リフィルをリングから外して書く

ビジネスマン必見!システム手帳の種類と賢い選び方 | 手帳(ダイアリー)専門ページ | ピントル
 

 

180(ワンエイティ)バインダーを使う

軽さと薄さを追求したリングのないシステム手帳『180(ワンエイティ)バインダー』発売のお知らせ | OSDN Magazine
 

 

右ページのみ使い、左ページには付箋を貼り付け、残したい情報は時間のある時にリングから外して書き写す

システム手帳を工夫で使いやすく|かめぶろ
 

 

リフィルのサイズに合うポストイットを使う
リフィルのみで書く
書くことが少ない住所録、便覧、ストック用のリフィルなどを左側に持っていく  

システム手帳のリングが邪魔 手帳・システム手帳の使い方・選び方
 

 

ペンの持ち方を変える

システム手帳の左ページの書き方: 奔流の畔で
 

 

リングとの段差を縮めるためにあまり記入をしないページからよく記入するページの順にリフィルを入れていく

システム手帳の左側のページに書き込みやすくするために

システム手帳でやってはいけないつ5つのこと

 システム手帳を使うときにやってはいけないことをまとめてみる。

 手帳なんか好きに使えばいいんだけど、システム手帳の場合、そのメリット活かすためにやってはいけない使い方がいくつかある。

 その活かすべきシステム手帳のメリットは「ベージが差し替えられること」。なんだけど、普通の綴じ手帳と同じ感覚で使っているとこのメリットが全く活かせない。なので考え方の転換が必要。

やってはいけない5つのこと

1.ページの裏表両方に書いてしまう

 綴じ手帳だとページの表面を書き終わったら、その裏に続きを書き始める。けど、システム手帳でそれをやってしまうとページが差し替えられなくなる。

 なので、システム手帳を使うときはページは片面のみ使うようにする。そうすれば自由にページの差し替えが出来るようになる。

2.1ページに違う内容を書いてしまう

 綴じ手帳だとページの途中から続けて違う内容を書いてしまうことがある。けど、システム手帳でこれをやってしまうとページが差し替えられなくなる。

 なので、システム手帳を使うときは1ページに違う内容を混ぜないようにする。そうすれば自由にページの差し替えが出来るようになる。

3.手帳のはじめのページから使い始めてしまう

 綴じ手帳だと手帳のはじめのページから使うのが当然。だけど、システム手帳でそれをやるとページの差し替えを頻繁にやらないといけなくなる。

 なので、システム手帳を使うときには何も書いてない白紙のページ数枚おきに書くようにする。そうすると続きを次のページに書くときにいちいち差し替えたり、かけるところを探したりしなくてよくなる。

 なので手帳全体をインデックスリフィルを使って大雑把に複数のセクションに分けてしまう。そして、セクションの終わりにはそれぞれ何も書いてないページを何ページか挟んでおく。

 そうすると似たような内容のページがまとまって便利だし、そのセクションの後ろには必ず白紙のページがあるので新しく書きたいときにも一々書けるところを探さなくてもよくなる。

4.タイトルを書かない

 綴じ手帳だとついついメモ的なことを書くときにタイトルを書かずに書き始めてしまうことがある。だけど、システム手帳でそれをやるとベージを差し替えるときにどれがどれの内容だかさっぱりわからなくなってしまう。

 なので、システム手帳を使うときは必ずページの頭にタイトルを入れるようにする。ついでに書いた日付や内容ごとの通し番号もつけておくよなお良い。そうすることでスムーズにページを差し替えることができる。

5.手帳の付録的なものを手帳の後ろにもってくる

 綴じ手帳では普段は使わないけど、あると便利な付録ページを手帳の最後にまとめてある。だけど、システム手帳でそれをやると後ろが分厚くなったりデコボコしてしまったりと書きづらい。

 なので、システム手帳に挟みがちな名刺入れ用のリフィルとか、ポケット的なリフィルもシステム手帳の後ろではなく前に持ってくることも忘れずに。そうすることで書くときにページがデコボコしなくなって書きやすくなる。

これで得られるメリット

 この5つのことをやらないだけでシステム手帳のページを自由に差し替えることができるというメリットを十分に活かすことができる。

 また、副次的なメリットとして片面しか書かないので見開きの左のページを書くときにリングが邪魔で書きづらいとか、システム手帳の後半から使い始めるので机と段差があって書きづらいとか、色々な問題も解決する。

 ほんのちょっとしたことなんだけど、ついついいつもの綴じ手帳と同じ感覚で使ってしまうと陥りがちなことばっかりなので、少し意識してみるとシステム手帳をもっと便利に使えるかも。