Facebookに対する感情的な反応をみて思うこと

 最近ずっと話題になっているFacebookの情報流用問題とそれに対する、いささか過剰にも見えるFacebookバッシングについて今思っていることを備忘録的に。

 答え合わせはきっと無い。

話の前段

 そもそも論の話として、この問題ってのはFacebookから情報が漏洩したわけでも、なにかFacebookがデータを悪用したわけでも、それを使って情報操作したわけでもなんでもないよねってのが話の前段。

 また、問題のデータが取得された当時の利用規約の時点でも特に何の問題もない。データを不正に保持して利用していたというのはFacebookとは関係ないらしい会社。なんの先入観もなければFacebookからしたら完全にもらい事故なんじゃなかろうか。

結構な反響があるぞ

 というのが今時点での自分の考えなんだけど、世間様的にはどうもそうではないらしい。Facebookは個人情報をこんなに収集していますとか、それを使って広告をだして金儲けしていますとか、の話が今更のごとく湧いて出て 著名人がこぞってFacebookを退会するってな騒動になっているらしい。

トランプ大統領?

 自分としてはなんでそんなことになっているんだろうかと考えたんだけど、「Facebookで収集されたデータを元に大統領選で利用され、結果トランプ大統領が誕生した」というストーリーが問題だったんじゃないかというところに思い至った。

 勝手にエスパーすると、特に西海岸というか反トランプというかトランプ大統領に賛成していない人たちは今回の件でFacebookに裏切られたような気持ちになったんじゃないだろうか。仲間だと思っていたFacebookは実は敵方に情報を流していた裏切り者、スパイだった。しかも今もコソコソいろんな情報を収集し続けている悪いやつだ。こういう感情じゃなかろうか。

 もし、この話が逆で、データが流用されたのがヒラリー陣営だったら、ここまでの話にはならなかったんじゃないかと思ったりもするんだよね。まぁ、結果落選しているので思考実験としてはあれだけど、なんとなくそんな気がする。

むしろこっちのほうがヤバイのでは?

 正直に言えば今回のデータ流用問題よりも、以前Facebookがやらかしたタイムラインを操作することで感情を操作することができるとかいう話のほうがよっぽどひどい話だと思うんだけど、その時はこんなに大きなバッシングにはなってなかった気がする。

 だいだい、個人情報の収集とか、広告で金儲けとかいう話をしてるなら、まず真っ先に槍玉に上がるはずのGoogle先生には全く波及する様子はないのが解せないわけで。一応広告ネットワークに関してのガイドライン整備とかの話も出てるけど、Facebookに対するバッシングの比ではないようにみえるんだ。

感情的なものが見える気がするんだよね

 実際どうなんだろうね。なんか感情的というかヒステリックな気がするんだよね。

Lineでほしいスタンプ。例えばぷよぷよの「ノミ」のような

ラインのスタンプってのがなんか使いづらい。コミュ障なので、文字だけならなんとかなるんだけど、絵とかになるとハイコンテキスト過ぎてムリ。

でも、いちいち返信を打たなくていいスタンプの便利さは捨てがたい。というので、自分が欲しいスタンプを考えてみた。

続きを読む →

mixiページを見てみた

先日Facebookページをmixiが取り込んだ結果、mixiページというものができた
そろそろこなれてきたと思うので、簡単に確認

見てみた

サンプルとして、ソーシャル系の情報発信を積極的にやっている「丸亀製麺」を参考に。
ちなみに、それぞれmixi

あとは、ソーシャル系で見かけるローソン

機能

・プロフィール
・基本情報
・日記(要ログイン)
・フォト(要ログイン)
・ホワイトボード(要ログイン)
・新着(Twitter連携かMixiボイスっぽいもの)

ホワイトボード

PC向け、スマートフォン向け、携帯向けそれぞれにMixiの日記と同様に一ページだけ作成できる

感想

・現状、mixiページの大部分の機能がログインしないと使えないというのはだるい
・どういう人が、どういう経緯でmixiページを見つけるのだろうか
・ローソンのmixiページのコメント欄は意外に盛り上がっていた
・APIなどの公開はやってないっぽい

参考までに

取り敢えず、こんな記事もある
結論でました・・mixiページは企業にとって全く意味なし | More Access,More Fun!
mixiの“これまで”と“これから”についてのまとめと考察
このままじゃmixiページはダメかもしれない – night and sundial

Docomoの通信障害に見る各ソーシャルメディアの特徴の雑感

現在進行形でDocomoのSPモードで通信障害が起こって、全国的に繋がってない。
っというのはどうでも良いのだけど、こういう状況をウォッチするという視点で各種ソーシャルサービスを見てみる
http://www.nttdocomo.co.jp/info/network/kanto/pages/110816_1_d.html

Facebookは、公式ページでもアナウンス無し。友達以外のWallを検索できないのでどういう状況か眺められない
http://www.facebook.com/docomo.official

Google+では、公式などの仕組みが無いんので確認できず。いらない子Sparksで検索すると一応ニュースサイトの記事が出る
ついでに、Facebookと同じく人のストリームを検索できないのでどういう状況か眺められない

で、一周回ってTwitter。ハッシュタグをとりあえず眺めていると大変だなぁっと思うことができる。
http://twitter.com/#!/search/%23docomo

まぁ、まだこういうリアルタイムな部分はTwitterが向いているのかなぁっと思ったり思わなかったり。これにどこまでSparksが割り込んでくるかかな。
もちろん、こんな状況をリアルタイムに把握する必要があるのか、意味があるのかはまた別の問題だし、別に良いんだろうけど、何かあったときはとりあえずTwitterを覗くよなぁっというだけの話

Google+についての雑感

今、使っていて思うのはGoogle+はFacebookの対抗ではなくTwitterの対抗ではないかということ。機能的にはTwitter ⊂ Google+ な感じ。

Twitterとの比較

Twitterは単純に呟く、それを見るってことだけをベースとしていて非常に分かりやすかったんだけど、正直議論や会話なんていう身のある使い方には向いてなかった。それを補完するためにTogetterなんかが出てきたし、ハッシュタグで擬似チャットのようにしたり、リストで特定のユーザだけを抽出したりしたようなものがあったわけ。

でも、やっぱり基本が会話(コメントとそれに対する返信)じゃなくて一方通行の呟きだったから、誰かからの@が一体何に対する@だったのか分からなかったし、そもそも呟きもクローズ or オープンの二択だったからそこまで細かい話はしなかった。

Google+のサークル

翻ってGoogle+はというと、Facebook風のコメントとそれへの返信がしっかり確認できる。発言先もサークルという形で表現できる。ほかの人の発言も同様にサークルという概念で抽出することができる。つまりサークルが一種のチャットルーム的に使えるわけ。この人達の話を聞く、この人達に話をする。さらに一人のユーザを複数のサークルに入れることもできるし、相手からは自分が相手をどういうサークルに入れているかは分からない。

例えば、あるユーザAを「大学」「飲み仲間」「オタク」ってな具合に入れておけるし、ほかのあるユーザBは「会社」「飲み仲間」「ラーメン」かもしれない。好きなだけ細分化しておいて、後はそれに向かって話しかければいい。ユーザAとオタクな会話をしても原則ユーザBには知られない。ユーザBと会社の愚痴を言い合ってもユーザAには原則知られない。でも飲みの話は二人に届けることができる。まぁ、もしかすると相手から自分は「うざい」っていうサークルに入れられてるかもしれないけど、それは知らなくて良いわけ。

Twitterでそういうことをやろうとすると途端に破綻する。で、最終的にはアカウントを使い分けるとか面倒な話になってしまう。今のところ結構良い仕組みじゃないのかな、サークルは。逆にビデオチャットとかはあまり本質的ではないと思う。確かにそれもTwitterには欠けていた要素だとは思うし、コミュニケーションツールを一本化するという意味はあるのだけど。重要なのは、発言されたものとするものをコントロールできるようになったってこと。

TwitterとGoogleの住み分け

ここまで書いて、じゃぁTwitterはGoogle+に置き換えられちゃうの?って話になるんだろうけど、残念ながらそうは問屋が卸さない。少なくとも今のところは。

Google+に無くてTwitterにあるもの。それは関係の無い人とのつながり。例えばスポーツ観戦をしているとき。今のGoogle+だと知り合いと盛り上がるのはできるけど、知らないほかの人と盛り上がるのは難しい。だってサークルに入れてない人の発言を探したり見たりする機能が無いから。例えばIT勉強会。それに参加している他の人を探すのは難しい。ハッシュタグで関係の無い人の呟きにまとめてアクセスする方法が無いから。

Google+に足りないもの

検索の会社Googleとしてはかなり手落ちなのだけど、今のところGoogle+はそういった用途には使えない。ついでにUstreamで行われていっる呟きなんかのように他のアプリやサービスと連携させる機能もないからやっぱり使えない。あくまでサークル内だけのやり取り。引きこもりだね。

実はGoogle+はサービスとしても引きこもり。もちろんまだまだベータだし、今後どうするのかといえば確実にオープンになっていくだろうから正確には今のところ引きこもり。例えば外部から利用するためのAPIがない。これが無いうちはただのサービスの域を超えられない。例えばFacebookアプリのようなユーザが機能を拡張する方法がない。これが無きゃGoogle+は狭い庭のようになってしまう。

いずれも今後Google+の世界が広がっていくためには必要だとおもうけど、今はまだそのときじゃないのかもしれない。じゃぁ、どうするだろう。なんとなくTwitterをGoogle+に取り込めるような機能を実装しそうな気がする。リアルタイム検索とは別のアカウントの連携という形で。まぁ、近いものはstart Google+っていうChromeの拡張機能がサポートしているんだけどね。

ついでに言えば、展開しているプラットフォームがAndroidだけってのは寂しいかも。まぁ、Android自体がGoogleの庭でもあるわけで何か新しいことを始める場としては好都合。噂ではiPhoneアプリも準備しているようだし早い時期に出てくるんじゃないかな。

力不足のSpark

Google+の話を聞いたとき、一番注目していた機能がSparkなんだ。これはTwitter[の検索の保存やGoogle Alertのようにあらかじめ指定しておいた検索キーワードに一致する情報をどんどんアップデートしてくれる。そしてその結果をシェアしていくことができる。って話だったはず。

残念ながら、今のところGoogleの検索結果にリンクを張っているのと何も変わらないし、他のユーザの発言がリアルタイムに検索できるわけでもない。もしかするとTwitterとの契約切れでリアルタイム検索ができなくなってタイミングが悪かったのかもしれない。ただ、少なくともSparkが動いてくれないと見知らぬユーザとの出会いはやってこなさそうな気がする。

Google+と匿名と実名

実名と匿名の話題は色々あるんだろうと思うし、Google Profileでの名前の登録でアカウントが停止されたり審査されたりと色々と問題をはらんでいる様に思う。でも、匿名の反対は記名という意見を僕は採用したい。問題はその発言をした人と別の発言をした人を同定できることで、その発言をした人の中の人がどういう人かなんてたいした問題じゃない。もちろんGoogleのアカウントなんていくらでも取れるから自作自演なんてのもできるだろうけど、そういうのが現れる状況になった時点で既に議論は破綻しているのだろうし、きっとそういう時は相手にしていないんじゃなかな。

結局Google+ってどうなの?

今のところ、主だった機能は他のサービスのパクリだし、ユーザ数も多いってわけでもない。今後一般人に広く受け入れられるようなサービスとも言いがたい。FacebookやTwitterを置き換えるとも思えない。どちらかといえばニッチなサービス何だと思う。

今後どういう展開が待っているかは別として、少なくともGmailやカレンダー、その他Google系のアプリを使っている人にとってはいつの間にか使っているようなサービスになるんじゃないかな。いつの間にかProfileが統合されていたように。

それに加えて、今後Facebookが議論の場になるのか、単なる電話帳プラットフォームになるのかってのも大きな要因。個人的に今のFacebookは何か突っ込んだ会話をするようなところには見えていない。もちろんそういう場にもなりうるのだろうけど、興味ではなく人間関係で繋がってしまった以上そういうこともありうるのだろうと思う。Facebookはコミュニケーションのツールではなく、それを通じて”連絡”を取るためのツールになる可能性もある。

もし、Facebookがそういう場になってしまったら、Google+にも日が当たるようになるかもね。そろそろみんなFacebookに”疲れて”くるだろうし。

Social Marketing – AIP CLOUD 3DAYS(番外編)

加藤 たけし 氏
杉山 隆志 氏

Ustreamの動画はこちら

加藤 氏

ソーシャルメディアとは、オンラインで会話している人々そのもの

マーケティングの変遷

・Marketing 1.0、いいものが売れる
・Marketing 2.0、消費者を細分化してアプローチ
・Marketing 3.0、個人の嗜好に合わせて直接アプローチ
※ Facebookは、Market 3.0を橋渡しする(ロング・エンゲージメント)

ソーシャルなマーケティング

オンラインだけで成り立っている経済は小さいが、オフラインの経済の50%はオンラインの影響をうけている

情報の99.9%がスルーされている時代
・スルーされないものは、友人が自分に届けてくれる情報(ソーシャルなフィルタリング)
・これから情報の価値は、情報の発信者ではなく、情報の中継者が決める

クチコミは制御できない
→ 中身の無い宣伝ではなく、顧客満足度を上げる
→ 継続的に、商品購入前だけではなく、商品購入後も

ファンを作り育てる
→ 参加者 → ファン → ロイヤルカスタマー → 伝道師

SIPSという考え方
S (Sympathize : 共感する)
I (Identify : 確認する)
P (Participate : 参加する)
S (Share & Spread : 共有・拡散する)

キーワード

・「ロング・エンゲージメント」
・「ロイヤリティ・ループ」
・100万人の聴衆より、100人のファン
・説得の時代から共感の時代へ
・オープンリーダーシップ(フェイスブック時代のオープン企業戦略(Amazonへのリンク))

杉山 氏

大名なうとソーシャルメディア
[2010-03-23-1]も参照

地域からしか日本は変わらない(「変革は辺境から」)
個人と企業の境が曖昧に

周知 → 場の形成 → 自立活動へステップアップさせる
※ 前述の「ファンの作り方」と同じ

林 氏 (@nobi)が提唱した時間軸、距離軸、親密軸の考え方は、Facebookのエッジランクと似ている
※ [2010-03-23-6]も参照

まちおこしに重要なことはコンテンツとコンテキストとスピリッツ。マーケティングの基本。
・コンテンツが一番重要。何が出来るか、中身
・コンテキストはツール。ブログ、Facebook、Twitter。コンテンツに合わせて選ぶ
・スピリッツが重要。やる気、自分の伝えたい思い

ソーシャルグラフと分散する個人

最近ソーシャルグラフ関連の話題がいろいろです。ここで言うソーシャルグラフってのは、既存のWebページ間の関係を単純な一方向リンクではなく、意味を持たせたリンクで結びましょう。あとから、その意味を持ったリンクをキーにして利用しましょうってことだと思います。

**ソーシャルグラフの進み方
そういった意味では、特段新しい考えではありません。古くはMemexやXLink(XMLのほう)、rel=”nofollow”なんかの流れのなかです。この話題をぼやぼや見ていておもうのは、やっぱり動いてなんぼだなぁっということです。個人的には、もう少しボトムアップ的に進むんだろうと安直に思っていたのでチトびっくりです。

ボトムアップ的な進み方として思っていたのが、個人の情報整理の一環として意味のあるリンクが普及するのが先。ある程度リソースが溜まってから、今回のGoogleのような仕組みが出てくるだろうという感じでした。先に枠組みができてしまった。まぁFOAFなんかは気づかないだけで、意外と普及しているような気配もあるのでOKなのか。

**ブログってすげー
FOAFの普及もそうなのですが、改めてブログというツールの影響力の大きさと言うのが忍ばれます。功績は、CMSを一般レベルまで急速に浸透させたこと。たぶん、WebサイトにFOAF公開してる人って、ブログツールが自分の意識しないうちに作ってたってケースもあるんじゃないだろうか、と不安な日々を過ごしています。

**スパム業者に成り代わって
っていうか、もしソーシャルグラフが実際に動作することになれば、新手のスパムやなんかに利用されそうな気がします。今でさえ、スパムの送信者に知り合いの名前があるとびっくりするのに、今後はより高頻度で知り合いの名前が入ってくるのですから。
またMixiやなんかの表向きには閉じられた世界とは違って、全世界にオープンです。Googleでさえ、自身のクローラで集めた情報を利用するのです。個人の書いたブログの記事とも連携可能ですから、ある程度メールの文脈をそれっぽく見せることもできそうで夢が広がります。まぁ、救いはそこまでのコストをかけてまでスパムを送る業者がいないような気がする点です。夢が少ししぼみました。

**個人が分散するらしい
で、分散する個人って話にようやく入ります。最近ソーシャルとかコミュニケーションとかの方向ばかりが注目を浴びているような気がします。まぁ、実際にはそんなことなくて、俺が知らないだけなんでしょうけど。

じゃぁどんな方向化といえば、こう言うツールがあるとか、サービスがあるという話で、サービス同士が乱立しているような状態です。もちろん、複数のサービス間でAPIに互換性を合わせるといった話もあります。今後は、一つのホームシステム上からAPIを通じて各種サービスを利用し、各サービスをシームレスに統合する未来も見えている気がします。

**夢想的未来
最近の流れ的には、書き込み記事のような文字列情報からはじまって、画像や動画、音声に至る幅広いメディアに対応する必要がありそうで大変そうです。さらにいえば、連結先のサービスでそのコンテンツに対する反応があった場合の収集もしておかないといけません。
収集した情報へのアクセス手法も時系列や通常の検索、人をキーとした検索など多岐にわたります。
ある意味、これがマイポータル。自分を中心としたコンテンツのマップと、人脈のマップが連なる分けです。さらに言うと、自分のコンテンツ間や他のコンテンツ間のマップが出来上がることで。。。これは、ただのWebですね

**で、まとめ
細かいことを省いてまとめると、「あれ、どこに書いたっけ?」です