TBSのPodcast撤退という話で考えること

TBSラジオ、ポッドキャストやめるってよ

TBSラジオ、ポッドキャスト終了 10年超の歴史に幕 「収益化のめどが立たないため」というニュースを見て。Podcast自体はユーザとしてずっと聞いていて、終わっていくには惜しいコンテンツ形態なんだと思うけど、今のコンテンツの配信の仕組みがベストとは思わないっという問題意識だけはある。

 TBSラジオは6月6日、放送済みのラジオ番組のポッドキャスト配信を30日で終了すると発表した。ストリーミング型の新サービス「TBSラジオクラウド」に移行し、今後もコンテンツ配信は続ける。

see. TBSラジオ、ポッドキャスト終了 10年超の歴史に幕 「収益化のめどが立たないため)

一番の感想としては、直近では月間コンテンツダウンロード数5000万あるらしいTBSレベルでも収益化なにそれ?みたいな感じなこと。まぁ、ラジオの流用って形だからPodcast向けの展開がしづらかったりするんだろうけど、案の定ネックは「実際のアクティブユーザー数の把握が難しいこと」。

Podcastの収益化の事例

Podcast向けの展開としてあるのは、$9.99/月のRebuild.fmサポーター制度だったり、月額540円のヴォイニッチの科学書の有料版だったりになるんだろう。どちらも音声コンテンツ以外の付加価値を準備することでコンテンツとしての魅力を打ち出している。

従来型の広告で言えば、ラジオNIKKEIの伊藤洋一のRound Up WORLD NOW!。いつもPodcastで聞いていて実際の放送を聞いたことはないのだけど、普通のラジオのようなCMが入るし、ラジオに提供している会社の社長をゲストに迎えての企画枠なんかも定期的にやってたりする。

TBSラジオのポッドキャストで聞いていたのは、文化系トークラジオLIFE伊集院光の深夜の馬鹿力くらいだったけど、CMといえばradiko.jpくらいだったかな。多分、基本的な志向としては、Podcastでどうこうするのではなく、Podcastを呼び水としてラジオに誘導したかったんだろうなぁ。いや、よく知らないけど。

とは言っても空き時間で聞いているPodcastユーザとリアルタイムに聞いているラジオのユーザってユーザ層が被ってない気がするんだよなぁ。ラジオで流しているコンテンツだったこともあってPodcast向けのコンテンツってのも難しかったんだろうし。

Podcastの限界とサービスプラットフォーム化

もちろん、「実際のアクティブユーザー数の把握」さえできていれば、それに合わせたコンテンツや広告も提供して、もう少しまともなサービスが考えられたんだろうけど、Podcastの一番の問題点は、その仕組みがRSSとダウンローダー以上でも以下でもないってことで。それが手軽だった反面、それ以上のことはなにも出来なかったんだよね。

結局、それ専用にアプリなり仕組みなり作れるって言われても、作る側にとってはコストが上がるし、使う側にとってはアプリが分散すると面倒くさいし。課金要素を追加しようとすると更に面倒な話になるのが目に見えてる。で、TBSは自分で作っていく道を選択したと。

広告モデルとしては、個人の好みや属性に合わせた音声広告を番組中で配信する「プログラマティック・オーディオアド」を年度内に導入予定だ。「欧米では普及が広がっているが、国内ではまだ事例は少ない。新たなラジオの広告源にできれば」(担当者)

see. TBSラジオ、ポッドキャスト終了 10年超の歴史に幕 「収益化のめどが立たないため)

そういう意味では、AppleなりGoogleなりがPodcastをホスティングして、自動的に広告を埋め込むとかまで配信から収益化までをカバーしたプラットフォームになれば、ちったぁマシになる気はする。Google先生がPodcastにやる気を出しているのは光明なんだろうけど、今の時点で「世界有数のポッドキャスター」だったTBSが降りたってことは、正直大した話ではないのかもしれない。Apple先生はよく知らないけど、Podcastとかなにそれ?みたいに思ってるイメージがある。本家なのに。

今後のPodcast業界?

今後のPodcast界隈なんて1リスナーにとってはさっぱりなんだけど、多分、ラジオ系のPodcastってのは減っていくのだと思う。ラジオのコンテンツを使えるという利点はあるけど、ラジオのコンテンツに縛られる以上、収益性のあるPodcast番組を作るのはかなり難しそう。もし追加でコンテンツを作成したとしてもペイできないだろうし。

逆にセミプロというか一種のサロンを形成している人たちのPodcastは増えていく気がする。これは、これ自体が一種の広告だったり商品の一部だったりして、収益の回収をPodcastの世界で閉じて行う必要が無かったり、Podcast単体での収益は考えなくて良かったりする。例示としては、先に上げたRebuild.fmだったり、ヴォイニッチの科学書だったり、ライフハックLiveshowみたいなのかな。

あとは個人がやっているPodcast。なんだかんだで音声のみでよくって仕組みも簡単なPodcastだけど、結局は急激に減っていくような気がしている。それYoutubeでできるよ的な。

そもそもPodcastと同じような界隈にYoutubeやらニコニコやらがいて、明らかにそっちのほうが儲かるよねってのは見えているので普通は移動していくでしょう。Youtubeもニコニコもそれぞれスマホでバックグラウンド再生可能なアプリだったりサービスだったりを提供しているし、課金や広告周りは備わっているので、あとは継続的に聞いてもらう仕組みがあればPodcastの後釜にはなれそうな気がする。

世界的な規模でってなるとGoogle + Youtubeに期待ってことになるんかなぁ。Apple先生はどうするんやろう。プラットフォームに非依存なPodcastという形態は好きなんだけど、世の中的には動画配信サービスみたいにプラットフォーム戦国時代的なものが来るのだろうと思ってたりする。戦国時代になるほど人と需要があればだけど。

Podcastの有料化について考えること

Podcastが有料化していく流れ

そういやぁ、今週の新ニッポンの話芸ポッドキャストで、一時期、流行ってた落語のポッドキャストがなぜ廃れたかって話をやっていて。結論としては、収益が成り立たない、クオリティの担保ができない、視聴者が金を落とさないって話で、結局そこらへんだよなぁってな感じだった。

同じような話で、Podcastのラジオ版学問のススメが10月から有料化する。はるか以前からヴォイニッチの科学書も有料化+バックナンバーの有料配信やってるし、クオリティを考えればそうなっていくんだろうなぁっと。

それとは少し違う?けど、電脳空間カウボーイズ有料のニコニコちゃんねるに移行して生放送とか始めてたよな。最近Podcastの方に戻ってる云々してるっぽいけど。

金をちゃんと払うのか、有料の壁

今挙げたようなPodcastの番組は毎回面白いし、金払っても聞くくらいの意思はあるんだよ。けど、実際は払ってない。なんでかって言われると、最終的には一々聞くのが面倒くさくなる。今はスマホのPodcastのリーダーを使ってて気が付いたら勝手にダウンロードされてて、じゃぁ聞くかってな感じでお手軽に聞ける。

だけど、有料化した時点で、世間一般で使われているようなPodcastリーダーでは対応できなくなる。ので、PCで定期的にダウンロードして、スマホに転送してとかしないといけなくなって非常に面倒くさい。聞くにしてもただのmp3を流すだけだと、途中で止めて後で聞く的な聞き方ができなかったり、視聴履歴を管理できなかったり面倒くさいことは結構ある。

流石に昔iPodで聞いていた頃には戻れないし。ぶっちゃけiTunesみたいな基盤もないし、昔より遥かに面倒くさくなってる。ちなみにニコ生とかでやれると暇な移動中に聞けないので、だんだん聞かなくなってって結局同じ所に落ち着いちゃう。

それ以前にお金を払う文化ってのが世間様にあるのかってのも問題で、さっきの新ニッポンの話芸ポッドキャストの中では、数十万ダウンロードあった番組が有料化後は数千ダウンロードまで落ち込んだらしい。挙句、「有料になったらこんなの誰が聞くか」的な捨て台詞も多数あったらしく、そりゃ続けらんないわ。

そもそもPodcastという技術は筋が悪い

結局Podcast自体に認証の仕組みが普及していないのがそもそもの不満なわけで。なんだろ、もしかしてPodcastを聞いている人は、PCに向かって聞いてたりするのが一般的だったりするんだろうか。もしくは毎回手動で手元の機器に転送しているとか。

自分個人からすると使ってるのがiOS系じゃないから、転送するのが一々面倒くさいし、はてさてどうしたものか。なんかこう手間なく聞けるいいアイディアみたいなもんはないんかね。今更なにか共通のプラットフォームやら仕組みやらが出来るほど、Podcastが流行っていくようには思えないし。

またAmazonが来たぞ

とは言いつつもビデオ系の定額サービスやら、オーディオブックのAmazon Audibleなんかが出てきたので、少しずつ統合されていくような望みも無くはないかもしれないけどなぁ。結局Amazonの一人勝ちみたいなところに落ち着きそうな気配もする

ところで、今Amazon Audibleのサイト見て「落語・講談」ってカテゴリが合ったので、ちらっと見てみたら、全2本中2件が「目黒のさんま」だった。どんだけサンマ押しなんだよ

追記:Googleも来るぞ at 2015-10-28

Google が Google Play ミュージックにおいて、ポッドキャストの配信サービスを開始すると発表しました。

ポッドキャストサービスは、Google Play ストア上で配信されるエピソードを Google Play ミュージックの WEB サイトやアプリで購読・視聴できるというものです。まずは米国のみで提供されることになっており、国内での提供予定は明らかになっていません。

ref. Google、Google Playミュージックでポッドキャスト配信サービスを今後開始、RSS登録受付を開始

福岡のラジオ局がやっているPodcastを番組表にしてみた

昔から疑問に思っていた機能があります。はてなRSSの番組表モードです。試に何度か見てみたのですが、特段みやすくなっているような気もしませんし、一覧性が上がっているような気もします。

で、番組表っぽい形をいかした使い方が無いかなぁっということで、福岡のラジオ局がやっているPodcastをはてなRSSに登録してみました。ちょっとはラジオ番組表っぽくなったのでしょうか。さっぱり分かりません
http://r.hatena.nh.jp/atyks/?mode=table

ちなみに、自分はラジオというものを聞く風習が無かったのでラジオ局は「http://www.saturn.dti.nh.jp/~otake/rajio10.htm」を参照しました。結構あるもんですね。

http://rkbr.jp/index2.html
: AM

http://www.kbc.co.jp/radio/
: AM

http://www.fmfukuoka.co.jp/
: FM

http://www.crossfm.co.jp/
: FM

http://www.lovefm.co.jp/
: FM

http://freewave777.com/
: コミュニティFM

http://www.dreamsfm.co.jp/
: コミュニティFM。podcast無し?

http://www.starcornfm.com/
: コミュニティFM。podcast無し?

http://lovefm.co.jp/
: コミュニティFM。podcast無し?

いくつかのPodcastをまとめたFeedを準備してみた

移動中など時間があるときにPodcastを聞くのが一種の習慣になっています。そうすると1日数本はPodcastを聞くことになるのですが、更新間隔なんかのタイミングで聞くPodcastが切れてしまうと言う事態が起こって残念な感じに。

テレビやラジオなら深夜帯を除けば常に番組が流れているわけで、何らかの退屈しのぎはできるのですが、予めダウンロードして持ち運ぶと言う形態のPodcastでは、なかなかそうは行きません。

「じゃぁ、購読するPodcastを増やせばいいじゃないか」なんて話もあるわけですが、あまり増やしすぎると通常ルーチンであふれてしまうし、新しく聞くPodcastなんてのを見つけるのも結構な意欲が必要になってしまったりします。

と言うことで、いつでも何がしかを聞くことができるような環境を作ろうと、いくつかのPodcastをまとめたFeedを準備してみました。

準備したもの

Google Reader – podcast の “podcast-internet”

大まかな内容としては、いくつかのPodcastのFeedをGoogle Readerに登録して、一種のFeedアグリゲータもどきとして使っています。この部分を自作してもよかったのですが、Google Readerで十分要求を満たせたので、今のところ無問題です。

何か問題があれば、よろしくご指摘願います。

準備までに

使い方

適当に準備したページのRSSをiTunesなりに登録すれば、適当に聞くことができます。更新間隔や内容はそれぞれのPodcast依存なのでなんともです。

気づいたこと

世の中には色々なPodcastがあるなぁ

自分が気に入ったものを探していくとどうしても傾向が偏ってきたり、見つけるのに限界があります。

今回、更新があったものを適当にチョイスすることで、今までとはまったく違ったPodcastに触れることができたのかなぁっと思います。

結構世の中のPodcastは更新されている

自分が選んで登録している10数個のPodcastは、それぞれの更新間隔が月一だったり週一だったりするわけで、更新の度に「お、更新されてるな」的な感覚がありました。

更新をまとめたFeedを購読すると、一日に何件も更新が上がるため常に新しいものを聞くことができます。なんとなく、「Podcastの更新を待つ」と言うより「流れてくるPodcastをピックアップする」という感覚かもしれません。意外と新鮮な気持ちになりました。

Podcastって流しっぱなしだよなぁっと

いくつかPodcastを聞いていて、「ああ、このPodcastいいなぁ」っと思うことはあるのですが、そのPodcastの元のページへたどり着くのはすごく面倒くさいなぁっと思います。

そもそもPodcastがRSSに音声ファイルのURLを追記しているだけの仕組みなので、元のページに簡単にリンクが張れたり、もう少し細かい内容を含んでくれても罰は当たらないよなぁっと思ったり。

ただし、この辺は解釈するPodcastクライアントの機能に依存する部分でもあるし、Feedアグリゲータとして使っているGoogle Readerの機能もあるので、一概にどうこうとはいえない部分ではあります。

番組?の作りにもよりますが、タイトルコールやテーマBGMってのはこうなると重要になってきますが、それはこっちの勝手な要求です。

Podcast提供側として、この仕組みは面白いのだろうか

ぶっちゃけて言えば、Podcast提供側にとってはサイトを見てくれもしないし、ファイルだけはダウンロードするしで若干面白くない流れになっているかもしれません。

他の類似例について

いくつもの番組を提供しているhttp://www.c-radio.net/では、くりらじ内の番組の更新情報を集めたFeedを提供しています。今回のはその対象範囲をもう少し広げただけのものになります。

番組間の重複ユーザが結構いるような気がくりらじを聞いている限りではするのですが、それと関係あるのかもしれません。

今後の方向性について

別段自分がどうこうしようというつもりは特に無いのですが、こういうPodcastの見せ方ってのは、十分ありうるのかなぁっと思っています。

よくPodcastはラジオ番組に例えられることがあるような気がするのですが、じゃぁラジオ局に相当する存在というのもあって良いのかなぁっと。くりらじのように複数の番組を提供しているところがやるのも方法の一つでしょうし、一つ一つ独立したPodcastをジャンル別にまとめたようなものがあってもいい気はします。

今回使ったhttp://podcastrank.jp/のようにPodcastを集めているリンク集的なサイトやiTunesなんかのサービスが、はじめからやってくれないかなぁなどと思ったりもします。他にもPodcastをヘビーに使いこなしている有名人が選んだPodcast局なんてのもあればあったで面白いのではないでしょうか。

なんとなく、Podcastに自動的に広告を差し込む仕組みってのもどこかにありそうなので、別段何も考えないことにします。後は、番組間に広告を挟むことも多分簡単にできるなぁっと。

なぜポッドキャスティングは流行らないのか

ポッドキャスト(ポッドキャスティング)は、一時期ネットラジオと呼ばれ、新たなメディアとして脚光を浴びた。しかし、現時点では母艦となったiPodの隆盛とは裏腹に、メジャーになりきれていない感がある。っということでその理由をつれづれに

**受動的、かつ能動的な仕組み
ポッドキャスティングは、音声を提供する仕組み上、ネットラジオなどと呼ばれ、従来のアナログラジオと比較されることが多い。

両者の決定的な違いは、伝達の媒体の差異ではなく、その視聴姿勢にある。

ラジオは、ブロードキャスティングであり、利用者は放送局のチャンネルにチューニングを合わせるだけで、受動的に視聴し続けることができる。受動的に視聴し続けることができるということは、視聴者の状態や状況に依存しない。また、受動的であるがゆえにおこる選局の限定と引き換えに、選局候補を探す段階が省略されている。つまり、聞きたいときに聞きたいものが聞けない。

一方で、ポッドキャスティングは、選局の幅を広げるために、視聴者があらかじめ視聴候補を選別しておく必要がある。つまり、この段階で、能動的に視聴する準備を行わなくてはいけない。また、選局の候補を選択するという段階を行うことで、視聴時の選曲の幅を限定してしまうことになる。つまり、あらかじめ聞こうと思って準備したものだけしか聞けない。

いずれの場合でも、現時点では好きなものを延々聞いていられる音楽に押されているのが実情だろう。

**品質の問題とコンテンツの特色
ポッドキャストで提供されているコンテンツは、基本的に制作者の肉声による談話が中心となる。その際シナリオの作成や調整を全体を統括する立場から行われることは少ないし、編集等を行う技能者は基本的に存在しない。もちろん企業等が積極的に制作配信しているものは、この限りではない。

これは、フィルターを通さない文字通りの生の声、という意味では非常に有効な仕組みであるが、半面ポッドキャストの品質を維持するための基準や機構が存在せず、品質の管理は専らその制作者個人に依存することになる。

この点については、他の個人が発信し得るメディアであるブログや動画、写真などと変わることがない。一方で、この問題点はそのメディア特性によって視聴のされかたが異なるため、利用者にとって大きな影響を与えることになる。ここで注目するメディアの特性とは、視聴に要する時間である。

**時間の観点からのメディアの分類
先ほど挙げたメディアの特性を考えるを観点として、時間軸を取り上げたい。つまり、そのコンテンツを利用(消費)するための時間の問題である。この時間には、さらに「コンテンツを消費するのに必要な時間」と「利用者がコンテンツを解釈するのに必要な時間」とに分けることができる。後者は、個人の能力やコンテンツ自体の内容に大きく依存するため、ここでは、前者のみを取り上げる。

この場合、より利用者の時間を拘束するコンテンツは、利用されづらいコンテンツであると考える。例えば、コンテンツを視聴するのに2時間拘束される映画よりも、一時間拘束されるテレビドラマの方が、より利用されやすいコンテンツであるということになる。もちろん、これにはコンテンツの内容が大きく関与してくるだろうが、ここではコンテンツの種別を大きくメディアの種別としてとらえておく。

***一瞬で終わる写真メディア
写真メディアは、その利用に際して時間の概念は存在しない。一服の絵の全体を把握するのは、よほどのことがない限り一瞬だからである。美術館等で一つの絵の前で長時間鑑賞している人もあるが、これは絵を解釈しようとしている段階であり、すでに解釈する前に全体の把握は終了している。

***飛ばし読みができる文字メディア
ブログ(つまりは文字メディア)は、全体を一瞬で把握することは困難である。ただし、我々は長年の教育の末、飛ばし読みや拾い読みと呼ばれる技能を習得している場合が多い。

***耳で実時間聞き続ける音声メディア
音声メディアは、全体を把握するために時間が必要である。そのコンテンツがあらかじめ規定している時間を、実時間で使用する必要がある。

***目と耳を使い実時間見続ける動画メディア
動画メディアは、全体を把握するのはさらに困難である。視聴に実時間掛かる上、目と耳を使う必要があるからである。この意味でいえば、時間の観点からみると音声メディアであるポッドキャスティングより視聴しづらいコンテンツといえる。動画メディアはこの問題をいくつかの手法を組み合わせることによって回避しようとしている。

***コンテンツの視聴のしづらさと当たり外れ
以上の観点に立てば、写真は視聴しやすく、動画は視聴しづらいということになる。それは、あるコンテンツを選択し視聴した場合、そのコンテンツの質における評価に大きくかかわってくる。例えば、その品質に満足できなかった写真と映画があった場合、映画の方が「損をした感じ」が強いのではないだろうか。コンテンツの内容としてみれば、いずれのコンテンツも同程度の満足しか得られていないはずなのに、より視聴時間が長かった映画の方が低評価となる。

***動画メディアの対策
前述したように、音声メディアと動画メディアはともにコンテンツを視聴するために実時間を要する利用しづらいメディアである。また、音声メディアと動画メディアを比較した際、耳のみの拘束で済む音声メディアに比べて、動画メディアでは耳と目を拘束される。これに対して、「ニコニコ動画」や「Youtube」は利用者にいくつかの対策を行っている。

対策の1つは、動画の中の1シーンをサムネイルとして表示することである。そうすることで、動画を選択する前に、ある程度の評価を利用者に促している。これの進化系として、映画ではコンテンツの内容を要約したトラックムービー等を予め提供している。

2つ目は、動画コンテンツに付与される他の利用者からのコメントである。これにより、利用者は予めコンテンツの品質を計る機会を与えられることになる。一歩進んでニコニコ動画では、動画の中にコメントを挿入することで動画中のつまらないシーンのフォロー、その動画中の面白い部分への前座的な役割を担わせている。

3つ目は、動画の素材となる音声や映像である。一般的に広く視聴されるコンテンツは、別の媒体が作成したものや、それらをパッチワーク的に組み合わせた作品の比重が高い。これらも、既にある程度認知されている素材を使うことで、視聴者の敷居を下げ、「損をした感じ」へ低減していると言える。

これらの対策によって、動画メディアはコンテンツ選択前の評価基準の提供、動画内容へのフォローを行うことで、利用者のコンテンツ視聴にかかる時間の減少と、品質が低かった場合の対策を行っている。

**音声メディアとポッドキャスティング
一方で、動画メディアが行っているサマリーの提示や、他の利用者のコメントの提示は、耳だけで視聴する音声メディアでは困難である。ただし、音声メディア中でも一般的な市場の関わってくる音楽ではCMやその他のメディアでも紹介されることが多いため、大きな問題はない。逆にポッドキャスティングなど私的メディアの場合にその問題が浮上してくる。

また、ポッドキャスティングでは、それぞれのコンテンツがWeb上にバラバラに提供されているためコメントや提供方法が集約しづらいという面もある。

**この戯言のまとめ
-音声メディアや動画メディアは、拘束時間が長い
-動画メディアは、コメントやサマリーで頑張っている
-音楽は持ち前のマーケッティングと耐繰り返し属性で暇潰しの王者
-聞きたい時にあらかじめ準備しておかないといけないポッドキャスティングは、面倒くさい
-一つのポッドキャストを聞いたからといって、他のも聞くとは限らない
-っというか、他のポッドキャスティングへの導線なんてものは無い

**ポッドキャストに適したポータブルプレイヤー
ここでは、ポッドキャストの視聴に適したポータブルプレイヤーの機能について考えてみる。コンセプトは、受動かつ能動的な視聴である。

プレイヤーは母艦であるPCに接続されるたびに、配信されている無数のポッドキャストの中からランダムにダウンロードする。また、再生時には、原則として一度再生されたものについては、二度と再生しない。これにより、ラジオの特徴であった受動的な視聴がそれとなく再現できる。

視聴者はランダムに再生されるポッドキャストを視聴中気に入ったものがあれば、そのポッドキャストに対してマーキングをつけることができる。次回のダウンロードでは、チェックをつけたポッドキャストが優先してダウンロードされる。また、ダウンロードされるポッドキャストの偏りを防ぐため、チェックによる優先は、チェックのつけられた次の回までとする。

**おわりにかえて
って言うかこの文章長すぎ