Outlook Expressのメールボックス形式である.dbxを開く

ふとした都合で過去のOutlook Expressのメールをサルベージしないといけなくなったわけです。

で、ファイル形式は.dbxという形式だったのですが、Outlook Expressに放り込んでも読み込めない。インポートしようとしてもよくわからないので使えそうなアプリを探した結果、

qmalの再送について

キューほ生存時間を指定する。この時間を過ぎると、そのキューは破棄される。
echo 86400 > /var/qmail/control/queuelifetime
なお、再送の間隔は等比数列的に長くなるようにプログラムされており、これは変更できない。

http://yanor.net/wiki/?DJB%2Fqmail%2F%E5%86%8D%E9%80%81%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A

デフォルトでは1週間の間再送の対象となる
http://forum.tsukaeru.net/viewtopic.php?p=17498&sid=379047f81f5364914a561af80f44d613

qmailのログの見方

maillogから解析
/var/log/maillogに残る
正常に配送が行われると

new msg [メッセージID] メッセージのログの開始
info msg [メッセージに関する情報] メッセージの情報
starting delivery : [配送ID] 配送開始
status : local 1/10 remote 0/20 状態表示
delivery [配送ID] : success 状態表示
status : local 0/10 remote 0/20 状態表示
end msg : [メッセージID] キューからメッセージを削除し、

といったlogが残る(普段から見ていないとトラブルの原因はわからない)
普段は見てもらうと分かるがsuccessと表示される、これがfailureあるいはdeferralといった文字列をはきだすようになる。
http://man.qmail.jp/jman5/qmail-log.html

http://www.wikihoush.com/qmail/?qmail-manage