iPad一台だとEvernoteで過去のノートを見ながらメモを取るのが難しい

 仕事では随分前からiPad+Evernoteを使っている。今までの議事録だったり資料だったりはEvernoteに放り込んでいるので、それを見ながら打ち合わせをするわけだ。

 しばらくはEvernoteは参照でしか使わずに、メモ自体は手帳に書くようにしておいて定期的にスキャナで取り込むというフローでやっていたのだけど、この間Bluetoothのキーボードを買って以来、メモもiPadで取るようにし始めた。

blog.atyks.org

 一見デジタル感があっていい感じだったんだけど「Evernoteで過去のノートを見ながらメモをとるのが難しい」という問題に直面。なにせWindowsなどとは違ってEvernoteを別ウインドウで並べたりもできない。おかげでメモを取る画面と過去のノートを見る画面を行ったり来たりと非常に面倒くさい事になってしまった。

 で、ふと冷静になって考えるに、メモを取るアプリがEvernoteである必要はないんじゃないかということにたどり着いた。要するにiPadでは同一のアプリを並べることはできないけど別アプリなら可能、ならば参照用のEvernoteとメモをとるように別のアプリを準備すればいいんじゃね?って話。

 気がついてみれば、当たり前の話なのでなんだろうと思わなくはないけど、これでずいぶんと楽になった。また、画面を分割するSplit Viewだと、そもそものディスプレイのサイズが小さいので並べるとそれぞれが小さくなってしまう。

 なのでメモを取るアプリはSlide Overにしておくと過去のノートの表示が大きいままで参照できる。特にウインドウを左に寄せてしまうとEvernoteの左ペイン、ちょうどノートの一覧のところに絶妙にかかるので便利。

 ちなみに、メモを取る法のアプリはGoogle Keepを使っていて、メモを書き終わったらEvernoteに転記するようにしている。それもまた面倒な話だなぁ。

GoogleCalendarとiPadのカレンダーの同期

Google Taskと連携しているカレンダーが変わったので再度設定しなおし

iPadから以下の操作を行う

  1. iPadのSafariでGoogle Syncのページ(m.googlh.com/sync)へアクセス
  2. 「ご使用の端末はサポートされていません」って出るけど、気にせず「言語を変更」から「English」を選択
  3. Googleアカウントを入力してログイン
  4. デバイス一覧からiPadを選択
  5. Googleカレンダーに設定されているカレンダー一覧が表示されるので同期したいものを選択(最大25個まで)

http://www.coldsleep.jp/2010/05/28/ipad_calendar/

AndroidとiPhoneでのブラウザからの現在地取得

HTML5の界隈で定義されているGeolocation APIが使える

http://dev.w3.org/geo/api/spec-sourch.html

使えるAPI

|java|
interface Geolocation {
// 現在地を取得
void getCurrentPosition(in PositionCallback successCallback,
in optional PositionErrorCallback errorCallback,
in optional PositionOptions options);

// 現在地を取得し続ける
long watchPosition(in PositionCallback successCallback,
in optional PositionErrorCallback errorCallback,
in optional PositionOptions options);

// watchPositionを止める
void clearWatch(in long watchId);
};
||<

AndroidのブラウザでGeolocation APIを使った現在地情報を取得できない :

いくつかの設定を確認する必要がある
・ブラウザの設定
・「設定」→「現在地情報とセキュリティ」
無線LANネットワーク
GPS機能を取得する

シチュエーション

会社のXperiaだけ動かない。
コードが悪いのかと色々触ったけどだめ
結局3Gを切ってるからAndroidの設定で無線LANネットワークを使用をオンにしないといけなかった
で、オンにしたらすんなり

EvernoteとiPadでペーパーレスを目指してみる

紙の書類。自由に書き込めたり手軽に持ち運べたりと自由度が高いのですが嵩張るのが玉に傷。しかも、ちょっと参照したいだけのリファレンスやマニュアルなんかもパソコンでは読みづらいせいかついつい紙に出力して読んでしまいます。一昔前、笑い話だったEメールを印刷して読むおじさんってのもあながちバカに出来ません。

ってなわけで、この間からEvernoteとiPadを使って紙を使わないよう心掛けています。と言う今更な話。

やりかた

EvernoteをインストールしたパソコンとiPadがあればOK。ちょっと印刷したいドキュメントを開いて、メニューのプリントからEvernoteを選択すれば自動的にEvernoteにアップされます。後はiPadからEvernoteの同期をかければ手元で自由に見ることが出来ます。

環境に応じて予め設定が必要です。
Windowsでの設定:http
: //r.nanapi.jp/1768/

Macでの設定:http
: //netafull.net/iphone-app/030052.html

メリットとデメリット

まぁ、本題はここで終わり。この方法のメリットとデメリットはこんな感じ。

メリット

-iPadを母艦につなぐ必要はない
-通常の印刷と同じフローで実行できる
-PDFなので、ファイル形式や内容に依存しない
-A4が比較的普通に見える
-一旦出力しておけば後で検索できる
-嵩張らない。重たいけど
-カラーで見れる

*** デメリット
-iPadが重たい
-ディスプレイの関係上長くみると疲れるかも
-フリーハンドで書き込みができない
-読んでいる最中はフリーハンドじゃなくてもメモが取れない
-人にあげられない。メールはできるけど
-リジューム(続きから読む)機能がない
-高い、重たい

終わりに

さて、どんなもんでしょう。メリットとデメリットを比較すると正直デメリットの方が大きいように感じます。特にiPad単体のコストと、メモを追記することができないと言う点は致命的です。明日から即紙の代わりと言われてもだいぶ無理があるように感じます。まぁ、金槌を持つと云々。

個人的にはちょっとした印刷物が激減したのがかなりいい感じかもしれません。また、A4サイズがそこそこ読めて、一旦出力しておけば後から検索できるというのも素敵です。ただ、このためだけに一から準備するとどの位でペイ出来るようになるのかは謎ですし、一般のご家庭でなにかを印刷する用途がどの位あるかも大いに不明なところです。

蛇足の蛇足

できれば今のiPadのサイズそのままで、重さと厚さと値段が半分になってくれれば良いと思うのですが、世間様では7インチが流行りの様子ですので、少し残念な心持ちです。

本当は同じように印刷の代替として使える両面使えて10枚綴りくらいの電子ペーパーが普及してくれればいいのにねぇ

iPadについて今思っていることのまとめ

以前より噂には上がっていたApple製のタブレットPCのプレスリリースが先日行われたようです。名前はiSlateやらiTabletやらと情報が錯綜した挙句、iPadとなんとなくシンプルな名前に落ち着いたようです。

で、世間様の評価を聞くとは無しに聞いているとUSB云々とかiPhoneOSだったとか、マルチタスクが等と評価がかなり分かれる様子。例えばTechCrunchの中でもhttp://jp.techcrunch.com/archives/20100127the-ipad-our-take/といった感じで色々と意見があるようです。

ところ、自分としてはかなり可能性のあるガジェットだなぁっと今のところは考えているわけで、折角なので今妄想していることを一旦書き留めて置いて、後日iPadが発売された後にでも見直してみようかと言うのが今回の話。

問題は自分はApple製の製品なんてiPodしか持っておらず、それすらもHT-03A購入をきっかけに使わなくなった位のAppleと縁の薄い人間ですので、正直iPadというガジェット自体にはほとんど興味がないということでしょうか。

大体に置いてオカルト系の話にありがちな妄想と仮定を多重に繰り返したような文章になっています。

ひとまず動画を見てみよう

じゃぁ、具体的にiPadのなにを知っているのかと言う話になると、漏れ聞こえてくる世の中様の評判と、発表会のレポート、なぜかYoutubeに公開されているデモ動画ぐらいしかありません。世の中様の評判は置いておいて、発表会のレポート、Youtubeに上がっている動画はこんな感じです。

http://japanesh.engadget.com/2010/01/27/latest-creation/
http://www.youtubh.com/watch?v=_lCOU5O9V1Q

残念なことに、英語のヒアリングなんていう素晴らしい技能が欠けているため、イメージで分かった気になっています。

iPadの位置づけ

発表会のレポートを見ている限り、iPadはiPhoneとMacBookの間を埋める製品レンジであるようです。製品名ではわかりづらいので利用シーンで置き換えれば、出先と書斎を埋める製品レンジと言えるのかもしれません。

確かにそういう視点からYoutubeの動画を見直してみると、よくある巷のTabletPCならば絶対に入れてくるであろう出先での利用シーンや立ったまま片手で抱えて操作するようなシーンが抜けていることに気付かされます。更にいえば、インタビュー中に持って話している以外では、なにやら高級そうでおしゃれなソファーに気軽に座って操作しているようなシーンばっかりが表示されます。

動画を見ての印象ですが、どうやらバリバリのビジネスマンが仕事中に使いこなす類の端末ではないようです。もう少しいえば、倉庫や工場で使うようなものを意図してもいないように思えますし、満員電車の中で使用するものでもないようです。じゃぁ、どういうときに使うのかという話になるのですが、おそらく想定している利用シーンは、家に帰ってリビングでちょっと情報にアクセスしたいときなのではないのかなぁっと思います。

今までAppleが提供していたiPhoneやMacOSには、おそらく使い易いものでしょうが*1、一方は画面が狭すぎ、一方は使う場所が固定化されがちという問題があったのではないかと思われます。

そういう意味で、そこそこの画面の広さと場所を選ばない携帯性を両立させた結果がiPadなのではないでしょうか。

iPadがiPhoneOSであること、iPhoneとiPadの棲み分けについて

AppleがiPhoneやiPodを展開できる最大の要因は巨大なiTunes Storeです。Appleの情報端末であれば、今後当面はiTunesにアクセス出来るようになるでしょう。ところで、僕は寡聞にして知らないのですが、iTunes StoreではおそらくMacOS-X用のアプリケーションを取り扱ってないのではないかと思います。

つまり、MacOS-XのアプリケーションをiTunesが取り扱うか、MacOS-X上でiPhoneアプリが動くようにならない限り、今後も出るアップルのモバイル情報端末で、MacOSが採用されることはないのではないでしょうか。おそらく、それまでの間はMacOSはiTunes Storeにフルアクセスできる母艦としての立ち位置をキープすることになるではないでしょうか。

ではなぜ、iPhoneと同じOSがiPadには採用されたのでしょうか。利用シーンについての妄想は次節で垂れ流すとして、おそらくはiPhoneとiPadを端末的にシームレスに使い分けることを念頭に置いているのではないかと思います。基本的に同じOSを採用している二つの端末にとって、使い分けのキーとなるのは大きさだけになります。それもiPhoneでは逆立ちしても克服できないディスプレイの大きさです。

ディスプレイの大きさ以外は同じ端末ですので、おそらくiPhoneに追加したアプリケーションやデータはiTunesを介してiPadにも共有されるでしょうし、逆もまた然りです。そうなれば、使い分けは単純に目的の用途と場所によることになります。如何にiPhoneが優れていようとも、狭い画面で操作するのは億劫でしょうし、起動したMacBookが手元にあるとは限りません*2

iPhoneでもできるけど、ディスプレイが狭い or 操作が面倒、MackBookでできるけど、起動するのが面倒 or その準備をするのが面倒という、その中空を埋めるための端末がiPadではないでしょうか。

iPadのある生活(妄想編)

朝、ぼやぼやとリビングに移動するとフォトフレームになっていたiPadにメールの着信が表示されている。iPadを取り出して簡単にメールのチェックと返信を行う。ついでにiTunesに登録されている音楽を再生しながら、新聞を流し読む。

そろそろ出かける時間なので、iPhoneを持って外に。先程iPadで見た気になったニュースを移動中に消化しつつ、いつものiPhoneライフへ。

夕方家に帰ってきて、充電も兼ねてiPhoneをMacBookに繋ぐ。今日登録したアドレスやメール、写真などのデータ、アプリがiTunesを経由してMacBook、iPadに自動的に同期される。夕食を食べながらBGM替わりにiPadから音楽を流しつつ、リビングでニュースの確認。ちょっとした資料の修正が入ったようだけど、一々書斎に行くのも面倒くさいのでiPad上で終わらせた。

夕食後、ちょっとしたゲームや映画、今日撮った写真をiPadで見ていたが、そろそろお仕事を片付けるために書斎に入る。iPadはフォトフレームモードにして、リビングに置いておく。

書斎ではさっき修正した資料をMacBookで校正してメールで送信。一仕事終わったので就寝。

母艦はどこへ行った

さて、どうでもよいiPadの利用シーンを書いてみたのですが、ここで問題になるのは母艦であるMacBookとの接続方法です。なんとなく有線USBで繋がないと同期してくれないような記憶があるのですが、どうやってリビングにあるiPadと母艦を接続すれば良いのでしょうか。

まさか10mも20mもUSBケーブルを家に這わすワケにはいかないとおもわれますので、無線LAN経由での同期ができないと話が破綻しそうなのは目にみえています。MobileMeとやらがその役目を果たしてくれるのでしょうか。謎です。

日本人的生活とiPad

たぶん、典型的な日本人向け家屋では、書斎やらリビングやらは明確に別れておらず、渾然一体としたカオスな空間を形成しているものと思われます。

果たして、そのような状況下でMacBookとiPhoneとiPadが明確に住み分けることが出来るか、そしてそれが利用シーンとして訴求するかは甚だ疑問符が浮かびます。

簡単なまとめ

さて、ここまで色々と妄想を膨らませてきたわけです。最後にiPadの存在意義とAppleのコンセプトを推測するに、一言でまとめると「適材適所」といえるかもしれません。全ての環境下で単一の端末で満足できるワケもなく、それならば利用シーンを想定した端末ラインナップを増やして、使い分けてもらおうという非常に真っ当な話に思えます。それが受け入れられるかどうかはともあれ、電子ブック的な展開もその一貫ではないでしょうか。

また、なんとなく妄想の中のシーンはいつかどこかで見たような若干の近未来感を伴ってあこがれのような気持ちが沸き起こります。まぁ、僕は買わないですけどね。

Androidとの発想の違い、クラウドとの関係について

最後に蛇足ながら、Androidとの発想の違いについて書き残しておきます。

Androidは、今までの妄想の結果である「適材適所」をAndroidプラットフォームを採用した様々なメーカーの端末が多数出てくることで解決しようとしています。また、Apple製品群の中の中核をなすiTunes Storeは、Android Marketとクラウドと呼称されるネットワークの向こう側に置き換えられます。

ただし、Apple製品群と決定的に異なるのは、端末間の連携が個々の端末間の問題になってしまうこと、連携可能なものはクラウドサービスの提供先に依存してしまうということが考えられます。そのため、本質的にはGoogleのChromeOSで想定されることが独立した端末間でできること限界になります。そこには、全般を管理するべき母艦もなければ、端末間のシームレスな連携や使い分けは難しいのかもしれません。

まだ、この辺はまとまっていませんがイメージだけで語るのであれば、Appleが提供しているのがパーソナルクラウド、Googleが提供しているのがパブリッククラウドというようなイメージなのかもしれません。単純に言葉を使いたいだけかもしれませんが。

*1:ちなみに僕はどちらも使ったことありません

*2:オタクな人は別です

iPodで動画をランダム再生や連続再生できるようにする

**前置き
俺の持っているiPodでは、ただ動画を入れただけだとランダム再生してくれません。ランダム再生は元より連続再生もしてくれませんので、溜まった動画を見るときには「一本見ては一覧にもどる。次の動画を選択して再生」を繰り返していました。

最近は勉強会などの様子を動画で配信していたりして、連続ものの動画も増えてきているのですが「一本終わるごとに次を選んで」なんてやっていて非常にストレスフルな感じで一杯だったわけです。

**どうするか
結論から言えば、動画の「シャッフル時にスキップ」を「いいえ」にしてください。
+連続再生したい動画を右クリックして「プロパティ」を開く
+「オプションタブ」を開く
+「シャッフル時にスキップ」を「はい」から「いいえ」に変える
+「OK」を押す

以上

**注意点
どうやら上記の手順を行ってipodに転送した後でも、iPodの「ビデオ」メニューの中にある「ムービー」ではランダムや連続再生はできないっぽいです。

できるのは「プレイリスト」や「テレビ番組」だけなので、プレイリストに連続してみたい動画や、ランダムで見たい動画をあらかじめ突っ込んでおく必要があります。

**プレイリストを作る
面倒ならiPod内の「ムービー」を全部指定した「スマートプレイリスト」を作っておくと楽かもしれません。

作り方はこんな感じ
+プレイリスト部分をマウスでクリックする
+メニューの「ファイル」から「新規スマートプレイリスト」をクリックする
+条件から「ビデオの種類が」「ムービー」「である」を選択*1

講演や勉強会なんかの後から増えることがない場合は、普通に「プレイリスト」を作れば足りると思われます。あとはプレイリストフォルダを適宜追加して階層化してやれば、十分使えるのではないかと。

俺はこんな感じで作ってます
-講演会・対談(プレイリストフォルダ)
–「イベント名称」(プレイリスト)
-勉強会(プレイリストフォルダ)
–勉強会名称」(プレイリスト)
-ミュージックファイル(スマートプレイリスト)

ちなみに動画の連続再生時の順番はプレイリスト上の順番に依っているらしいのでプレイリスト作成時は、順番を見直しておくとよいと思われます。途中がすっ飛ぶと意味がわからなくなってしまうので。

**感想
どうやらiPodの「ムービー」というのは、全部の動画がただ単にプールされている一覧としてのみ存在しているような気がします。せっかくiTunesでアルバムやタイトルを入れても全く使い物にならないし、意味がない。

一纏まりの動画を「テレビ番組」としてまとめていると、番組名で再生した場合は連続再生できたのですが、個々の動画ごとに再生すると通常通り動画選択画面に戻ってしまいました。プレイリスト方式にしておくと途中の動画から再生しても、次の動画が連続して再生されるような動きで良い感じ。

せめてミュージックと同様に「ジャンル」「アーティスト」「アルバム」でフィルタリングさせてくれればと思います。っていうか変な操作体系だぁ。なんか良い方法はあるんだろうか

*1:ミュージックビデオなんかが一杯ある場合は、上記の「ムービー」を「ミュージックビデオ」にすると良いかもしれません。