Gitで特定のコミット間で修正のあったファイルをエクスポートする

基本的なコマンドはこんな感じ
$ git diff コミットID..コミットID –name-only | git checkout-index –prefix=./contents_diff/ –stdin

特定のコミットから最新までを指定する記述。この場合は、”0ddc2c15c2f5dbc0ecf1fd544b547048f8ef8a11″から”HEAD”まで
$ git diff 0ddc2c15c2f5dbc0ecf1fd544b547048f8ef8a11..HEAD –name-only | git checkout-index –prefix=./contents_diff/ –stdin

範囲を指定する記述。この場合は、”0ddc2c15c2f5dbc0ecf1fd544b547048f8ef8a11″から”bfaab1478684c3356d5e23c2589ffdc8d27870d3″まで
$ git diff 0ddc2c15c2f5dbc0ecf1fd544b547048f8ef8a11..bfaab1478684c3356d5e23c2589ffdc8d27870d3 –name-only | git checkout-index –prefix=./contents_diff/ –stdin