【ネタバレあり】ゴジラシリーズのまとめと簡単レビュー

シンゴジラが公開されたのに合わせて、今までのゴジラシリーズを改めて見なおしてみたので、それぞれの感想を簡単にまとめてみた。

もちろんレビューなので独断と偏見なのはしかたないけど、怪獣映画オタクとか特撮オタクの視点ではなく、できるだけ普通の人が見る場合を想定しているつもり。おすすめの項目もそういう人向けのイメージ。

と思ったけど、どうみてもそういうのは難しすぎる。結局ただの短評になった感は否めない。仕方ないのでタイトルの後ろに「おすすめ」をつけてみた。そしてどうせ見ないでしょ?バリにネタバレ。

昭和シリーズ

1954年 ゴジラ (おすすめ)

初代ゴジラ。全てはここから始まった。金字塔という意味だけでなく、はっきり言って他の作品とは全く別の作品。

これ以降の作品は、シンゴジラを除いてこの作品をベースにして『「ゴジラ」という怪獣がいること』が前提となっていると違い、「ゴジラ」という未知の恐ろしい何かが描かれている。

映画全体でも戦争が終わって9年しか経っていないとは思えないほどの生々しい描写が続く。ふと思い返すとこの映画に出演している人たちは、つい10年ほど前に戦争を体験した人たちなんだと思うとなんとも言えない気持ちになってくる。

白黒映画だけど、今のリマスターならちゃんと見えるはず。特撮が嫌いでも、怪獣映画が嫌いでも、この後のシリーズは見なくても、この作品だけは一度見ておいて損はない。

1955年 ゴジラの逆襲

みんなから駄作扱いされてるらしい。確かに全体的に冗長さは否めない。やっぱり二代目の造形は不細工というかなんというか。アンギラス初登場も良いとこなしで退場、今後も良いことなし街道を爆進の予定。主役は月岡のはずなんだけど、小林が良い奴過ぎて霞んでしまう。小林を見る映画

1962年 ゴジラvsキングコング

三作目にして今後の方向性を決めた作品。前二作の社会派的、硬派な雰囲気は鳴りを潜めコメディ+怪獣プロレスに。正直、怪獣の造形がダメっぽいし、ストーリー的にも微妙な感じ。格闘も試行錯誤の後があって、後のシリーズでは見られないような動きをしてるのは逆に見どころ?

1964年 モスラ対ゴジラ(おすすめ)

ゴジラ初黒星。テーマはおっちょこちょい。つまずいて八つ当たりする奴。思いっきり扇いだら自分の卵を転がして岩にぶつける奴。うまくいってた作戦を調子に乗ってダメにする奴。日本語ペラペラの酋長。反面、ドラマパートはシリアス。メディアのあり方や人間の欲と業。良い娯楽映画

1964年三大怪獣 地球最大の決戦

宇宙人初登場。格上感を出すも毎回リンチされてひどい目にあうギドラも初登場、物語は序盤からUFOや予言者てんこ盛り。怪獣の擬人化が進み以降ゴジラは正義の味方に。正直いま見るとキツイかも。でも、一番きついのは小美人の「(モスラは)ひとつ死んじゃったのよ」発言

1965年 怪獣大戦争

初宇宙人侵略。キングギドラ再び。でも相変わらずボコられて逃げ帰る。シェーをするゴジラが有名。ストーリーは友好的な異星人とコンタクト → 実は地球侵略を狙ってましたという話。正直ゴジラじゃなくてもいいなぁという気もする。見なくてもいいけど怪獣大戦争マーチは格好良いよ

1966年 ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘

エビラ初登場。初の水中戦。物語全体を通して今までのシリーズとはだいぶ違う。青春冒険活劇みたいなのを目指したかったのか?冒頭から耐久ラリーダンス大会とかいう謎の習俗で度肝を抜いてくる。アイディア、可愛くない小美人、寝坊助なモスラ、ただのエビ。音楽は独特で嫌いじゃないよ

1967年 怪獣島の決戦 ゴジラの息子

ミニラ初登場。はっきり言ってミニラが気持ち悪い。それに引きづられたゴジラも気持ち悪い。それに絡んだミニラパートも気持ち悪い。作る前に気が付かなかったのかな。でも、改めて見るとそれ以外のパートはストーリー的にも特撮的にも面白くて少し得した気分。大人しく南海の大怪獣(略

1968年 怪獣総進撃(おすすめ)

怪獣オールスター。でも、ほとんど顔見せ。そんな中ちゃんと登場するアンギラスとギドラ。そしていつも通りひどい目に合う。ストーリーはいつもの宇宙人が怪獣を操って侵略して来る奴。ただ、展開はスピーディーで、「いつもの」がこなれている感があって見終わった後の満足感は悪くない

1969年 ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃

超低予算映画。人間パート以外はほとんど使い回し。人間パートはいじめられっ子が夢の世界でミニラと出会って勇気づけられる的な話。一応申し訳程度に当時の社会風刺みたいな要素もあるが、それは次のヘドラ任せ。見る必要はない。でも、一度くらいなら見てもバチは当たらないかも

1971年 ゴジラ対ヘドラ

公害、退廃的な若者像、映像演出、部位破損、明確な死の描写。シリーズでも異色。申し訳程度に子供が主役だったりゴジラが空を飛んだりするけど、これは誤魔化しきれないだろ。ヘドラ自体はゴジラを殺し得た数少ない怪獣だと思う。まずは見るべき。ただし体調がいい時にしたほうがいい

1972年 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(おすすめ)

娯楽映画として安心できる怪獣映画。ちょくちょく入る文明批判はご愛嬌。一々格好をつけるけどいまいち締まらないガイガン、敵味方関係なしに撃ちまくるトリガーハッピーなギドラ、不憫だけど役立たずなアンギラス、一人真面目なゴジラ。怪獣プロレスとしては上々。ぜひ気楽に見よう

1973年 ゴジラ対メガロ

正にジェットジャガー様。悪役フェイスな外見通りの開幕無言パンチから始まりやりたい放題。映画は間延びしがちで終わりもぱっとしない。でも一歩引いて見ると、もう一つのインファント島、もう一匹のモスラ、もう一匹のゴジラと見えてきたりして切ない。そこに興味があれば見てもいい

1974年 ゴジラ対メカゴジラ(おすすめ)

昭和シリーズでも屈指。見応えのあるストーリー、寝ぼすけで小心者なシーサー、真面目なゴジラ、大火力のメカゴジラ、地球征服を企む宇宙人と国際警察、神秘の琉球王家、ちょい役でも不憫なアンギラス。やればできるやん。東宝自衛隊が出ないのは残念だけど全然OK。ぜひ見るべき

1975年 メカゴジラの逆襲(おすすめ)

昭和シリーズ最終作。今までとは違って遊びが極力排除されたシリアスな映画。宇宙人こそ出てくるもののストーリーもシリアスなら、奇抜な兵器も出てこない。人間の業と意志がせめぎ合う見応えのある映画に仕上がっている。でも興行的には失敗でシリーズ打ち切り、なむなむ。見るべし

平成(VS)シリーズ

1984年ゴジラ(昭和59年度作品)(おすすめ)

シリーズ再始動、ここから平成(VS)シリーズ。今までのことは無かったことに。突飛な世界観ではなく、生物としての、災害としてのゴジラ、冷戦下での緊張と核を下敷きにした真面目な映画。初代のオマージュを加えつつ、今でも十分鑑賞に耐える作品。あとスーパーXは格好いい。見るべし

1989年 ゴジラvsビオランテ(おすすめ)

単なる怪獣ではない災害としてのゴジラを主軸に、バイオテクノロジーや生命倫理、産業スパイ、対策にあたる自衛隊の活躍、若手とベテランの対比を主軸にした多彩な人間パートも魅力的。これだけ詰め込んでもストーリーは小気味よい。ゴジラ映画の中でも屈指の出来。まずこれを見るべし

1991年 ゴジラvsキングギドラ

前作の硬派なSFが興行的に不調だったので軟派なSFに。未来人は出てくる、タイムマシンを使ったゴジラの起源探しや未来改変。でもストーリーはガバガバ。未来の日本がバブリー。いつも通りギドラは酷い目に。今作が一番酷くて可哀想になってくる。音楽が凄くいいのでMV的に見るのが正解

1992年 ゴジラvsモスラ

中途半端なインディージョーンズ風がこっ恥ずかしい。内容的には特に見るものもない。あるとすれば行き遅れる予定の三枝さんの前で惚気る夫婦が痴話喧嘩する様くらい。バトラは格好いいけど大して活躍しない。ちょこちょこ入れてくる文明批判も面倒くさい。モスラ好きなら見てもいいかも

1993年 ゴジラvsメカゴジラ(平成5年度作品)

表題以外にラドンとベビーゴジラ。ベビーはミニラとは比べ物にならないくらいかわいい。ラドンがいまいちぱっとしないのはいつも通り。本作一番の不思議キャラかも。バトルも派手で起伏もあるので見てて楽しい。子供は楽しめるけど、主人公の青木のせいで大人はもやもやしてしまうかも

1994年 ゴジラvsスペースゴジラ

とうとう宇宙怪獣まで出てくる。全体的にまとまってる気がするが説明が不足しすぎて唐突な展開が多い。前作のベビーは可愛かったのにリトルは全く可愛くない。そしてなぜモゲラなんか作ってしまったのか。もっと他になかったのか、勝つ気がないとしか思えない。見なくてもいいかな

1995年 ゴジラvsデストロイア(おすすめ)

ゴジラの死と再誕を描くvsシリーズ最終作。初代ゴジラの直接の続編。でも石野の演技とデストロイアの動きが…。やりたかったことは分かるんだけど、全く追いついていない。それでも最後はスーパーX3と黒木特佐がきっちり締める。初代、vsシリーズを見たならここまで見ないとね

ミレニアムシリーズ

1999年 ゴジラ2000ミレニアム

ミレニアムシリーズの第一作。早速宇宙人とオルガ登場。特撮映画としてはテンポが悪く見ていてパッとしない。下手な合成も残念。反面、阿部寛や佐野史郎をはじめとする濃い役者を揃えた人間パートはそれなり。ただ全体の尻すぼみ感は否めない。見てもいいけど見なくてもいい

2000年 ゴジラ×メガギラス G消滅作戦

ミレニアムシリーズは第二作目にしてこのクオリティ。正直言って見るものはない。見たとしても全く腑に落ちない展開と落ちでぼんやりと嫌な気持ちになる。なんとなく全体を通して陰湿なんだよ、イメージが。ゴジラシリーズではなく、B級モンスター映画としてみれば好きな人にはいいかも

2001年 ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃

タイトルからも外されるバラゴン涙。雰囲気がシリーズでも異色。明示的に結構人が死ぬ。一部で考察されていたゴジラ=太平洋戦争で死んだ兵士の霊を公式でやらかす。主人公の性格が受け入れられるかがネック。正直、主役級の二人が英雄願望のある無能にしか見えない。怖いもの見たさなら

2002年 ゴジラ×メカゴジラ(おすすめ)

というより機龍。機龍に目が行きがちだけど、むしろ、いつもは颯爽と登場して派手に散華してしまうメーサー車やその隊員側から見たゴジラってのはシリーズでも異色。あれにも乗ってる人たちがいてそれぞれにドラマがあるわけで。全体に当たりの少ないミレニアムシリーズのなかでも面白い作品

2003年 ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

前作xメカゴジラの続編、初代モスラの続編。映画としては微妙。モスラの続編としても小泉さん演じる中條博士が出る以上のものはない。映画としても少し安っぽい。モスラの操演は良かったけど。初代モスラは間違いなく名作なので見るべき。その後に心に余裕があればこれを見てもいいかもね

2004年 ゴジラ ファイナルウォーズ(おすすめ)

謎のオサレさがかっ飛んでいく不思議な軽い映画。でも、ここまでゴジラシリーズを見ていると一種のボーナストラックに早変わり。見知った怪獣たちの見たことない動きが楽しい。北村一輝の演じる統制官も新怪獣枠ではなかろうか。単品ではオススメしないので予習してみるべし

ハリウッド版

1998年 エメリッヒ版ゴジラ

いろんな意味でゴジラではないよね。ただ、モンスターパニック映画としては割合悪くない気がする。過不足なく見どころはあるし、高層ビル街を壊して進むんじゃなくて、走り回りながら地形を利用する動きとかも面白い。ゴジラと言うことを忘れて見るならモンスター映画好きにはあり

2014年 ギャレス版ゴジラ(おすすめ)

ハリウッド2作目。良くも悪くもハリウッド映画。物語も一兵士の立場から描かれていて、いつものヒーロー物語の域は出ない。見どころは色んな意味で妙に生々しいムートー。こいつだけ単なる怪獣とは違う生き物感がある。逆にゴジラの影が薄くなりがち。ハリウッド映画としてどうぞ

最新作

2016年 シン・ゴジラ(おすすめ)

ネタバレなし。どうせイロモノで残念な映画だと思ってた。正直舐めてた。これは映画館で見るべき映画。もはやゴジラとか怪獣とか関係なく未知の災害とそれに立ち向かう人たちの群像劇。そして、立ち塞がる日本という現実。そういう映画。正に初代の正統な後継作と言って過言ではない作品。

色々な人々+様々な日本の現実が交錯する映画。ノベライズとか出たら買ってじっくり読みたい。時々入る小ネタも楽しい。ただ、日本以外の国でこの映画の面白さがどこまで伝わるのかなぁ、日本人なら大丈夫、多分楽しめる。4DXで見て良かったけどIMAXでも面白そう。

自分なりの見どころの話。テーマは「虚構 対 現実」というのに集約されていて。はじめははっきりした二項対立だったのが物語が進むにつれて虚構の中にある現実と、現実の中にある虚構が少しずつ明らかになっていく。見終わった後にどこが虚構でどこが現実だったのか改めて考えると面白い。

ネタバレありの感想は以下を参照

blog.atyks.org

シン・ゴジラ。現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)

ゴジラシリーズ第29作目。昭和、平成、ミレニアムとは全く異なる作品。世間的には『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本ゴジラ映画、総監督・脚本 庵野秀明、監督・特技監督 樋口真嗣、300人を超える出演者など話題に事欠かない作品。

映画自体は「ゴジラ映画」という枠組みを超えて良い映画だと思う。公開数日で様々なブログやレビューなどが書かれてるけど、どれも評判は悪く無い。そういうのを見ていると、ついついネタバレありでしゃべりたくなってくるので、思い切って書いてしまう。

本作のテーマ「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)」

この映画のテーマは「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)」。なにせポスターにもでかでかと書いてあるのだから間違いはないだろう。映画を見ていると確かにリアルな日本と社会制度があり、虚構としてのゴジラに立ち向かうというプロットで十分納得できる。

納得できるのだけど、もう少し思ったことがあるので以降はそれについて書いてく。それ以外の話、例えば監督や俳優、演技、特撮、ゴジラ映画の他の作品も必要にならないかぎり触れないつもり。そのほか映画が面白かったとか、どうとかについても触れない、はず。

虚構(ゴジラ)

この映画の最大の虚構はゴジラそのものと言っていい。地下トンネルの崩落事故が発生し、官邸で原因を喧々囂々しているなかでも一笑に付された巨大生物説。そして一笑に付された直後に出現する巨大な尻尾。そして海上を移動する謎の生物。

専門家はわからないとしつつ巨大生物の体の構造的には上陸はありえないと断言し緊急記者会見した直後に上陸。途中で水中生物に似た構造だと思われていた矢先に2足歩行に変化。日本政府が手をこまねいているうちにいつの間にか海中に姿を消す。そして次に姿を表した時には、以前とは全く異なる形、生き物と化している。

今作のゴジラは、その全編において何度となく人間側の予想、思惑を超えて変化、拡大していく。そのはっきりとしない様、とらえどころのなさは、それ自体が巨大な虚構といってもよいのではないだろうか。映画は、その巨大な虚構に対する現実(ニッポン) が描かれる。

虚構(ゴジラ)の出現

当初は自然災害として処理されようとしたトンネル崩壊事故。海上に噴煙が上がり海を赤く染めていく。出現したゴジラは、大量の水や土砂でたくさんの船を押しのけながら川を遡行し上陸する。上陸後、進行方向のビルを押しかかるように、押しつぶすように壊しながら内陸に進行。そして不意に海へと帰っていく。

まったくもって唐突に描かれる虚構(ゴジラ)の出現だが、僕たちにとっては既に見たことがある光景だったのではないだろうか。西之島の噴火、そして東日本大震災。ものすごい勢いで流れていく水と押し流される大量の土砂と船。潰され、押し流されていく建物。これはまさにあの時見た光景ではなかったか。

本来、虚構であるはずのゴジラの登場は、見ている僕たちにとっては現実の再現でしかなかった。従来の怪獣映画では虚構とされていたはずの「怪獣」が「現実」を再現する。ここで虚構と現実の壁が一つ崩れていくのである。

現実(ニッポン) の対応

では、虚構であるゴジラに現実(ニッポン) はどのように対応しただろうか。現実であるはずのニッポン政府は、現実の日本政府と同様、未曾有の災害に対して後手を踏んでいく。硬直した官僚制度と縦割りの省庁、何かを決めるための会議をするための会議という連鎖。法律と現場、建前のすり合わせ。

おそらく有事の際の日本政府もかくの如くと思わせるだけのリアリティをもって描かれる日本政府の混乱。それはきっと現実に起こった東日本大震災、それに続く様々な災害時にも繰り返される光景なのではないだろうか。

巨大生物に対する防衛出動を出し渋り、法的根拠を有害鳥獣とするだけでも一苦労。いざ、ゴジラへの攻撃準備を整えて最後の命令を待つばかりとなった状況からの、攻撃圏内に民間人がいることを理由にした攻撃中止命令。

「自衛隊が国民に対して銃を向けることなどあってはならない」という信念に基づく決断は日本政府ならばさもありなん。だが、その結果として巨大生物を進むがままにしてしまい、あまつさえ海に取り逃がしてしまう。

すべてが終わった後、「たった2時間でこのザマか」と言う呟きに対して「2時間もあったのに初動体制すら確立できなかった」といった発言をし、「自惚れるな」と釘を差される。

この時点で、「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)」という勝負は既についていたのではないだろうか。既に現実は負けていた。虚構(ではあるが、僕らにとっては現実の再現でしかない)に対して、現実(ニッポン) は無力だった。それは誰かが無能だったからでもなく、誰かが暗躍したからでもない。「現実(ニッポン) 」という体制が敗北した。

現実(ニッポン) のその後

ゴジラの第一次上陸を防げず海に取り逃がしてたのち町には一時の平穏が訪れる。通常運行する電車や公園でランニングする人たち。虚構(ゴジラ)が爪痕を残しつつも、それでも日常を取り戻そうとするさまは、現実の日本を、東日本大震災を思い起こさせる。

だが、ゴジラの第二次上陸に伴い、現実(ニッポン) は、それまでとは打って変わった対応を、現実のニッポンから虚構のニッポンへと足を踏み入れることになる。

既に発令されていた防衛出動を駆使し、事前に計画していた防衛作戦を決行する。作戦は住宅街を巻き込んで行われ対戦車ヘリコプター、戦車、自走砲、戦闘機など駆使、自衛隊の使える全ての兵器を持って対応に当たる。戸惑っていた現実(ニッポン) の面影は既にない。そこにあったのは危機に対して果断に対処する虚構のニッポンの姿ではなかっただろうか。

現実の中の虚構の終わり

果断に攻撃を仕掛ける自衛隊。だがその攻撃はゴジラに対して全くの無力だった。日本の自衛隊は専守防衛を旨としつつも「自衛隊は世界でもトップクラスの実力を持つ」という認識が虚構であったことが白日の下に晒される。

日米安保に基づいた米軍の支援は、日本政府の申し出や、あまつさえ住民避難さえ待たず東京の広範囲に爆撃を仕掛ける。ステルス爆撃機による市街地での地中貫通爆弾を使った攻撃は一定の効果を上げるもゴジラの反撃にあい、東京の3区画が火の海と化し重度の放射能汚染を引き起こす。

国連の多国籍軍は、ゴジラに対して熱核兵器の利用を決定し、日本の制止も届かず、東京のどまんなかでの核兵器使用へと一気に突き進んでいく。

虚構(ニッポン)は、現実(日本)が信じている様々なものが虚構にすぎないという現実をつきつけられ、当事者でありながらも蚊帳の外に置かれ、対応すべき虚構(ゴジラ)に対してなすすべもなく流されてく。

そこに映しだされているのは虚構を信じる現実(日本)の姿ではないだろうか。事ここに至り、現実(日本)もまた敗北した。ここで虚構と現実の壁が一つ崩れていくのである。

虚構による救い

虚構(ニッポン)、現実(日本)が敗北したこの世界では新しく2つの虚構が与えられる。その一つは「好きにすればいい」というメッセージ。

現実(ニッポン) で行われていた硬直した官僚制度と縦割りの省庁、何かを決めるための会議をするための会議という連鎖。法律論と現場、建前のすり合わせ。そのしがらみの中で身動きが取れなかった人たちが「好きにすればいい」というメッセージを受けて自由に動き出す。

ある人は独断で機密扱いのゴジラのデータを世界で共有し分析を始める。ある人は凍結剤の生成のため日本全国のプラントを確保しだす。ある人はゴジラの情報を出汁に情報交換を行なう。そして国連決議に対して独自に交渉を行い熱核兵器の使用の遅滞と代替案の確立へと一気に物語が動き出す。

その変化は、劇中アメリカ側に「危機があれば日本でも進化する」、「まさか日本がこんな狡猾な交渉を進めてくるとは思わなかった」などと評価されるくらい劇的な変化である。この変化は、行き詰ったニッポンに与えられたたった1つの虚構がもたらした変化だった。

その後、熱核兵器の代替策として準備された凝固剤を使った「ヤシオリ」作戦が功を奏し、ゴジラは全身を凝固させて沈黙。事態は収束へと向かっていく。

その後

すべてが終わったのち、東京の真ん中では全身を凝固させられたゴジラがそのままの姿で残されていた。ゴジラの生死は不明。動き出せば、再び国連軍の熱核兵器のカウントダウンが再開してしまう。それを見ながら登場人物は「日本はゴジラとともに生きていくしか無い」と言う決意を新たにする。

その一方で、ゴジラから放出された放射性物質の半減期は極めて短く、そう遠くない未来に東京の復興もできるのではないかという救いになる情報ももたらされ終幕となる。

終わりに。現実と虚構による救い

この映画では、虚構と現実という2つを対比させつつ、虚構(ゴジラ)の中にある現実(東日本大震災の記憶)、現実(ニッポン)の中にある虚構(日本が信じているもの。自衛隊、安保、国連など)、虚構と現実の壁が崩れていくさまを鮮やかに描いている。

東京に鎮座し、動き出せば熱核兵器が飛んでくる虚構(ゴジラ)と言う存在。これは今なお続く福島の原子力発電所の事故に伴う被害と重なる光景ではないだろうか。現実(日本)に重く、長くのしかかる取り除き用のないもの。ここでもまた虚構(ゴジラ)は現実(原発事故)として現実(日本)に侵食する。

与えられた一つの虚構は、放射性物質の半減期は極めて長く収束の見通しも経たない現実(日本)の姿と、放射性物質の半減期は極めて短くそう遠くない未来に復興できるのではないかという希望を与えられた虚構(ニッポン)の姿を鮮明に対比させる。この虚構は現実へ侵食することなく消えていく。

その代わりに与えられたもう一つの虚構「好きにすればいい」というメッセージ。これが現実(日本)に対して侵食する希望の光といえるのではないだろうか。