日本赤十字(クレジットカード)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。いや、今回も2,000円なり。

コロナ、だいぶ落ち着いてきたなぁっと思ってたら、急速に増えていってる昨今。各地の祇園祭もやるようで、そもそもが疫病退散みたいな祭りなので非常にタイムリーな形ではあるよね。

なんというか、こう、祈っちゃおう的な

コロナだけじゃなくて、サル痘がどう乗って話もあるし、半年経ってもどうにもならないウクライナ情勢、その他色々。世の中、もう少し落ち着いてくれるといいなぁ

ウクライナ人道危機救援金 その2・日本赤十字(銀行振り込み)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。今月は2口で2000円。

2月の侵攻から現在4月。当初の読みからすれば、かなりの善戦で耐えているウクライナ、いろいろなところでほころびを見せるロシアという構図ではあるのだけど、ロシアが引く気配を見せないまま事態は泥沼化しているように思える。

この件については、なんにせよロシアが引くことが話のスタートだと思う。そのために何が必要か、なにをするのか。

直近でも虐殺に関する話や双方が主張する戦果、被害についても情報が錯綜していて、非常に思いずらい部分はある。この件を考えるについてやっぱり「140文字の戦争」は必読レベルなんだと思うんだけど、読んでいると気がどんどん重くなってしまってどうしても進まない。気合を入れないと読み進められない。ほんと読んでてつらい。

ウクライナ各地で激化している戦闘により、多くの市民が緊張と不安の中で過ごしています。すでに子どもを含む市民の死傷者が報告され、市民生活に不可欠なインフラにも被害が出ています。また、紛争の被害を恐れ、多くの人びとが、周辺国(ポーランド、ルーマニア、スロヴァキア等)に避難しています。

この状況を受け、日本赤十字社は、赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟、各国赤十字社が実施するウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国とその他の国々における救援活動を支援するため、下記のとおり、海外救援金を募集いたします。

皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

ウクライナ人道危機救援金|国内災害義援金・海外救援金へのご寄付|寄付する|日本赤十字社

ウクライナ人道危機救援金・日本赤十字(銀行振り込み)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。

先月にきっと赤十字が募金始めるだろうということでペンディングにしていた分と合わせて今月は4口なり。ペンディング分もあるから今月15日から前倒し。

blog.atyks.org

各国、各企業からロシアへの制裁が始まるも、今を持って止まる気配はないウクライナへの侵攻。
当初は電撃的に侵攻してキエフ落として傀儡政権樹立してなぁなぁにするという目論見だったのかもだけど、想像以上にウクライナが持ちこたえている間に、各国の歩調が合ってきたってのが今までの大まかな流れなんだと思う。

問題なのは、こっからどうやってロシアが落とし所を探るのかって話なんだろうけど、着地点が全然わからない。なんにせよ、侵攻が止まらない限りはウクライナはジリ貧どころか風前の灯火なわけで、まずは一日でもいいので止めることが大切なんだっということだと思う。

ウクライナ各地で激化している戦闘により、多くの市民が緊張と不安の中で過ごしています。すでに子どもを含む市民の死傷者が報告され、市民生活に不可欠なインフラにも被害が出ています。また、紛争の被害を恐れ、多くの人びとが、周辺国(ポーランド、ルーマニア、スロヴァキア等)に避難しています。

この状況を受け、日本赤十字社は、赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟、各国赤十字社が実施するウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国とその他の国々における救援活動を支援するため、下記のとおり、海外救援金を募集いたします。

皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

ウクライナ人道危機救援金|国内災害義援金・海外救援金へのご寄付

毎月募金プロジェクト:ウクライナ向け積立て

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。

なんだけど、今回はペンディング。2022年2月24日から始まったロシアのウクライナ侵攻に際しての、ウクライナ支援に向けた募金に回そう。色んなNPOも始めてたり、よくわからないところが始めてたりするけど、ここは例によって赤十字待ち。やるよね?たぶん。

ウクライナ侵攻については色々と思うところがあって自分なりの考えをまとめてみたんだけど、これ公開するもんじゃねぇなと思ってお蔵入り。

トンガ大洋州噴火津波救援金・日本赤十字(銀行振り込み)

前回の日記で日本赤十字がなんか寄付の窓口作るだろって言ってたら作っていたので。
募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。
いや、今回は12月1月分で4,000円なり。一口1,000円ってのはどうなったんや…

前も書いたけど、なんかこれがいろんなものの引き金になりそうな気がしないでもないんよなぁ。
どっちかっていうと自然環境みたいな話スタートで。難しいことはよくわからないけど。
そこらへん含めて前書いたような気がするので割愛。

blog.atyks.org

2022年1月15日、南大洋州の島国トンガの首都ヌクアロファの北約65kmに位置する海底火山「フンガトンガ・フンガハアパイ火山」で大規模な噴火が発生し、津波による住宅の倒壊、津波・降灰による飲料水の汚染が深刻で約5万人が影響を受けていると推定されます。特に噴火に近く、標高の低い離島の島々では大きな被害が懸念されており、状況の把握と救援が急がれています。

この度、日本赤十字社では、各国赤十字社と国際赤十字・赤新月社連盟、赤十字国際委員会が実施する救援活動を支援し、同様のリスクを抱える周辺国など大洋州島しょ国の災害対策・救援物資備蓄等を行うため、海外救援金を募集いたします。

皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

トンガの現状について詳しくはこちら

トンガ大洋州噴火津波救援金|国内災害義援金・海外救援金へのご寄付|寄付する|日本赤十字社

ちなみに、いつもはクレカでの募金なんだけど今回は銀行振り込み。どうもしばらくクレカは使えなくなったらしい、お手軽だったのに残念。とは言いつつ、銀行振り込みもスマホのアプリからできるのでむしろこっちもこっちで楽じゃね?みたいなことも合ったりなかったりする。便利な時代になったもんだ。

赤十字活動への支援をご検討いただき、ありがとうございます。
現在、クレジット決済サービス会社のシステムの事情により、
新規のクレジットカードによる寄付受付を停止しております。
クレジットカード寄付をご検討いただいた方には大変申し訳ございませんが、
再開の時期等に関しては、弊社ホームページにてご案内させて頂きますので、
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
なお、クレジットカード以外の寄付方法での受付は引き続き可能でございますので、
ご検討いただけましたら幸いです。

毎月募金プロジェクトの12月1月分の積み残し?積み立て?の予告

毎月一回募金しようという話をしていて、おおよそちゃんとやってるんだけど、昨年12月、今年1月分ができてない。
できてないなってのはわかっていたんだけど、日々の細々に気を取られているうちにもう1月も終わりそう。一月往ぬる二月逃げる三月去るとはよく言ったもので。

そんなこんなな感じだけど、世の中はそんなこと言ってる場合じゃねぇくらいのことが盛りだくさん。
始まったと思ったら一気に加速した新型コロナの第六波、そしてトンガ。

トンガ沖火山噴火の話は、本当にこれから数年の世界の情勢が一気に変わるくらいのインパクトなんではなかろうか。
国として受けた被害も相当だろうし、海底ケーブルがどうのもそうだし、そもそも噴煙のせいで寒冷化するんじゃないかとか、あの辺の海の航行が難しくなって海上交通が大混乱するんじゃないかとか。全然詳しくないけど、なんというか見えてない問題の山積み感がすごい

火山の大規模噴火と津波に見舞われたトンガ政府は18日、発生後初の声明を発表し、「未曽有の災害」に襲われたと説明した。周辺国による救援物資の輸送は、降り積もった火山灰の影響で遅れが生じている。

トンガ政府、「未曽有の災害」と声明 海底ケーブル復旧には4週間も

で、最近すっかりできていなかったのを、積み立てをしていたという風に記憶を改ざんして次回分含めてトンガ関連へ募金しようかなと思った次第。どこにするか悩んだんだけど、きっと赤十字あたりが何かを立ち上げると思うんでそこへ募金しよう、そうしよう。

日本赤十字(クレジットカード)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。いや、今回も2,000円なり。

前回、赤十字宛の募金は9月。その時は緊急事態宣言が延長されたとか、少し落ち着いて来ている感みたいなことを書いていたけど、2ヶ月ほど立ってかなり落ち着いてきてるな。
コロナは他に国では、また増えてきていたりしているので一体どういう理屈なんだろうね。

まぁ、昨年度は何故か少なかったインフルも今年は戻ってきそうだし、過敏にならない範囲でもうがい手洗いみたいなところから引き続き生活に取り入れていくのがいいんだろう。

Thunderbird (Paypal)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。 だいぶ遅くなってしまった。

今月はメーラーのThunderbirdなどを開発している団体。まぁ日常的に使っているソフトウェアだし。
たまにはこういうところもね。

私たちは、ビジネスおよび個人使用のためのクロスプラットフォームで動作するオープンソースの電子メールおよびカレンダークライアントソフトウェアをリードしています。
皆さまの寄付により、私たちの活動が維持され、将来の発展に貢献することが確かにされます。ご支援をお願いいたします。

donate.mozilla.org | Mozilla への寄付をお願いします

日本赤十字(クレジットカード)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。いや、今回も2,000円なり。

9月12日で終わる予定だった緊急事態宣言が延長されて、またかぁっと思ってるけどだいぶ感染状況は落ち着いてきてる感がある。
個人的には、これ緊急事態宣言関係なく落ちてるんじゃないかと思うんだけど、ホントのところはどうなんだろうね。

やっぱり後年に絶対出るであろうコロナのルポみたいなものが読んでみたいなぁ。

Wikimedia財団への寄付

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。

とは言っても、実は先月の一口分とは別にもうやってしまっていたのです。今回はWikimedia財団。なんか毎回毎回ジミーから寄付してください的なメールくるからさ、前回は2019年9月くらいだったっぽい。

っていうか、前回Wikimedia財団に寄付したときと出だしが一緒やな。

Wikipmediaはお願いしてくるのも、寄付したあとにメールくれるのもいいんだけど、Wikipediaを見るときに寄附のお願いを外してくれてもいいと思うんよなぁ。おかげで寄付したのにまたしてくれって言われてしまう。ログインしてるんだから、せめてそちらと紐付けてほしかったり。

大雨の被害もあるし、コロナもだいぶ増えてきてどうしたもんかと思う日々ではありますが、毎月毎月で生きていければと思います。

ウィキペディアを支援するために今回 ¥ 1040 のご寄付をお寄せくださりありがとうございます。この場を借りて、より良い世界の実現に向けられたあなたの寛大さと並外れた意欲に感謝いたします。

私がウィキペディアを設立したのは20年前のことです。それ以来、私たちの愛すべき百科事典は、順調な時期と困難な時期を経て大きく成長し、今日、これまでになくその真の目的を果たしています。ウィキペディアは、無数の人々が学び、発見し、探求し、調べるために役立っています。

ウィキペディアは、どんな状況下にいる読者に対しても、彼らが知る権利を持つ知識を得るための機会を提供し続けています。

これもあなたのおかげです。私たち非営利団体は、あなたのご支援によって本来の目的に忠実でいることができます。ウィキペディアが世界で最も訪問者数の多いウェブサイトの一つになった今でも、あなたのご支援によって編集が行われ、新しい読者に記事が届けられています。

横に並んで一緒にキャンドルを吹き消す機会はないかもしれませんが、今年一年を通してウィキペディア20周年を祝うにあたり、あなたが私たちウィキメディア財団一人ひとりの心のなかにいることを忘れないでください。

いつもありがとうございます。

ジミー・ウェールズ
ウィキペディア創設者