歯が痛くて歯医者に行ったら風邪のせいだよと言われた話

先々週くらいから風邪を引いていて体調が悪かった。しばらくして落ち着いたんだけど次の週から何故か右上辺りの歯が痛い。歯医者には定期的に通っていて、特に問題ないと言われてたのでおっかしいなぁっと、虫歯を見逃すなんてヤブなんじゃないかと疑い始める。

痛さの質としては鈍痛。普段は全く痛くない、ものを食べても痛くない。でも、急に動いたり振動したりするとズキッとした痛みが走る。痛いのは一瞬だけ、痛みはすぐに引いていくなくなる。おとなしくしていれば痛くない。

かと言って痛いのを放置するわけにもいかないから歯医者に行ってみてもらった。医者も「おかしいっすね、今までちゃんと磨けるはずなんですけどね」などと言いながら見てくれる。ついでにレントゲンまで撮ってみて問診。

「ところで風邪とか引いてます?」。引いてます。「鼻詰まりとかありますか?」。めっちゃあります。というやり取りをした結果の診断は「鼻詰まりなどによる鼻腔?の炎症が原因で歯が痛いと感じている」というもの。

どうも歯の根の方と炎症が起こる辺りは近いところにあるらしく、炎症を歯痛と感じてしまうことがある様子。それ以上はどうもわからないらしいく、一先ず風邪が治るまで様子を見てみて、それでも痛いようならもう一度診察に来てください。とのこと。

はて、そういったものなのだろうかと半信半疑でしばらく過ごしてみたけど、確かに風邪が治ったら歯痛も治った。歯医者すげー。ヤブなんて疑ったのは良くなかった。しかし、こういったフェイクがまじると歯痛ってのはよくわからない。要するに定期検診にもちゃんと行こうって話に落ち着くのではないかと思った。

fitbit Charge HRを買った話

医師曰く「痩せろデブ」

先日から病院を行脚している中で内科の先生から「もう少し痩せたほうがいいよ、ははは」。要約すると「痩せろデブ」とのありがたいお話をいただいた。

振り返るとここしばらくの健康診断でも毎年毎年、同じようなことを言われているわけで、これはまずいんじゃないかと思い久し振りに体重計に乗ってみた。乗ってみたところ体重計が今まで見ないような数字を指していて、想像より大分上の方を指している。現実を突きつけられると、こりゃまずい、何とかせねばという気持ちが湧いてくるのが面白い。

実はちょっとだけチャレンジしてました

で、どうしたもんかとウロウロしてしまっているのにはわけがある。実は先日来、食べ過ぎは良くない的な発想から食べる量を少し減らしてみたりしていた。つまり、イメージ的には多少マシになっていた、はずだった。もちろん現実と向き合わない若干ふわふわしたファンタジー的な発想だったのは否めないが、それにしたってひど過ぎる。

ふわふわしたイメージではダメだ。そうなるともう少し現実を知る必要がある。しかも継続的に。さてどうするか、なにかよいアイディアは無いかとふらふらしていたところ、Fitbitなるものに行き当たる。

ガジェットに望みを託して

物自体はニュースでも聞いていたし、流行りモノ通信簿というPodcastで活動量計的なものの回を聞いて知っていた。その時は、ふーん便利そうだけど面倒だよね。っと思っていたのだけど、俄然興味が湧いてきた。のでポチる。

買ったのは、Fitbitという会社のCharge HRという製品。なにがHRなのかわからないが、ひとつ下のモデルにChargeというのがあるのですごいのだろう。ちなみに最上位のSurgeという製品は日本未発売なので、国内で言えば最上位機種。Amazonで買って18,447円也。

正直、活動量計(要するに万歩計+α)に2万円近くかけるのはいかがなものかという思いもあったけど、どうせやるならガツンとやろう、医者からも言われているのだからやっちまおうという思いで買ってしまった。

ぶっちゃけて以前から欲しかったスマートウォッチが冷静になればなるほど無用の長物ではないかとの疑念に駆られ、その代替として買ってしまった感は否めない。

どんなもんよ、Charge HR

買ったのは12月12日。届いたのは12月13日。正直一週間未満の装着期間なのでなんとも言えない部分は多い。とりあえずスマホと同期させて、自分のスペックを登録、目標体重、食事の計画を登録。あとは腕に装着してふらふらしているだけで、歩数、心拍数、消費カロリー、睡眠時間が記録される。

色々測定できるんだ

手動で登録する必要はあるけど、食事の記録をつけることで摂取カロリー、食事計画で目標の摂取カロリーをコントロールすることも可能。詳しいことは色々あるけど、ひとまず意気込むための動機付けにはなりそうな感じ。

歩数がどのくらい正確なのかは気になるが、少なくともキーボードを打ったり、電車や車に乗ったりしても特に誤動作しているような感じではないので、まぁ大きくずれてはないんじゃないかと思う。打ち合わせをしていたらいつの間にか増えてたことはあったけど。

運動や睡眠も自動的に判定して記録してくれるので特に何かする必要はない。本当に腕につけてふらふらしていれば勝手に測定、記録してくれる。記録されたものは連携したスマホやWebサイトで確認できる。グラフィカルでいい感じ。

バッテリーは3日ほど

ちなみに、公称5日ほどバッテリーが持つらしいのだけど、ぶっちゃけ3日ほどしか持たない気がする。使い方が悪いのか、ちょこまかちょこまか触って無駄にバッテリーを食っているのかはわからないけど、とりあえず3日くらいしか持たない。まぁ、こまめに充電すればいいのでそこら辺は放っておく。

いいところ

この道具の良い所は、腕にずっとつけていて良い所。完全防水じゃないので風呂にはいる時は外さないといけないのだけど、それ以外は寝ている時にでも外す必要はない。というのが非常に楽。これが寝る前に外して、朝起きた時に付けるとかだったら、きっと面倒くさくて続かない。

また、一々自分の目線に入る場所にこいつがあるせいで、眼に入るたびに「あー、痩せねぇとなぁ」という悲壮な思いが頭のなかに喚起される。なんてったって18,447円である。目ん玉飛び出るほど高くもないが、笑って流せるほど安くはない。一種の条件なのだけど、ある意味役に立っているのではないだろうか。

悪いところ

なんとなく装着しているのだけど微妙に位置が決まらない。ただし、いままで腕時計をしない生活だったから違和感があるだけな気もするので悪いところとは言いがたい。体温が測れなかったり、スマートウォッチとは違ってスマホの通知を受け取れなかったり(着信のみは可能)するのでそういう向きには向かないらしい。ちなみに最上位機種のSurgeではスマホとの連携を含めて対応しているらしい。

そうそう、付属のケーブルがえらい短い。20cmくらいしかなくて若干イライラする。さらにコネクタの形が独自の形式なので取り回しが面倒くさい。予備をもう一本買っておかないといけないくらい。

まとめ

まぁ、しばらくつけて様子を見てみよう。話はそれからだ。

ちゃんと食べることは大事という話

最近、若干話題になった「「低所得者は食事を見直して」 厚労省のコメントが、”現代のマリー・アントワネット”との声も」ってな記事について。

厚生労働省は「所得が低い人は栄養バランスのよい食事をとる余裕がなくなっているのではないか。食事の内容を見直すなど健康への関心を高めてほしい」と話しています。

所得低いほど栄養バランスよい食事取れず

色んな切り口があるなかで、要点としては「金がなくても、ちゃんとバランスの取れた飯食えよ」って話でそれはそれはありがたい話。で、それを聞いた人たちが、金がないのにろくなもん食えっかよ的なリアクションをし、マリー・アントワネットの再来的なノリで捉えられてしまうらしい。まぁ、他人事ならいくらでも「厚労省はわかってねぇな、ばーか」とは言ってても良いんだろうけど、なにせ自分のことなので今ある現実どうにかしないといけない。

そもそもおっしゃることはその通りで、バランスの取れた温かい食事は大切。とは言っても先立つものもなければ食べられるものも限られていく。じゃぁ、それに対してどうすればよいのかという界隈の話をピックアップしてここにまとめておく。

食べ物によって体調だけではなく、メンタルも影響を受けていくって話は身につまされることが多い。確かに気がつかない。

食べることは命そのもの。なので、気力体力共になくて食べることが面倒になったり、諦めてしまったりするとさらに生命力が落ちて、どんどん体調が悪化し、メンタルもボロボロになっていくんだけど、この「ボロボロ」状態が「食べていない」ことが原因で起きていることに気づかないヒトが多いんだよね。

死にたくないなら、最低限「温かい食事」を

温かい食事を取ること、バランスなんか糞食らえだけど、最低限そこから持ち直していこうと言う「#養生サバイバル」の考えかたは大切。一足飛びに食生活は改善しない。少しずつステップアップするしか無い。

#養生サバイバル は、お金がなくても、長時間労働でも、とにかく人間の尊厳を損なわない食事を食べて、そこからステップを踏んで、季節の養生に至るまで人生をサバイバルしていくためのハッシュタグです。

一番大変なStep1をざっとまとめました。包丁・鍋使用なし。ハサミあり。お湯がある・電子レンジがあるがギリ。それすらないことも想定。野菜を買うと必ず余って腐る。冷蔵庫はあるが、冷凍庫は小さくて保存のために冷凍は不能、

備え付けコンロは電熱、一個口。気力体力ゼロ。予算は1日500円。

養生サバイバル Step1
養生サバイバル Step2
最小限の養生サバイバル 折り本向けPDF

より具体的な食材、食べ方についてまとめ。

低所得者だって健康になりたいですよね。毎日カップラーメンやジャンクフードを食べる生活から、脱出しましょう!不眠や仕事でのミスは、実は栄養不足や不摂生が原因かもしれませんよ!健康になれば、所得だって増えるかも?!

【榊正宗の異説まとめ】1食200円以下。低所得者のための健康食材講座。簡単自炊方法も!

インフルエンザ予防注射

別件で行った病院でインフルエンザ予防注射をやっていたので、ついでにやっておいた。村山内科・胃腸科にて3500円なり。

別に他と比べて安くもないのだけど、このタイミングでやっておかないと出かけるのが億劫になって結局やらないフラグが立ちそうなので。そういえばインフルエンザ予防注射とか随分やってなかった。

ちなみに福岡天神界隈では、かんざき泌尿器科クリニックでの2500円が安いらしい。けど、少し遠いんだよねぇ。

朝起きて鏡を見たら白目が赤くなっていた

2015年11月29日(日)

朝起きて鏡を見ると、右目の白目の部分に出血したように赤くなっていてかなりビビる。瞬きすると目に違和感はあるも特に痛みや視力の低下は感じられなかった。前日は20時位に酒を飲んで就寝。ぶつけたなど特に思い当たる節はなし。大体目を4等分して左下辺りが出血したように赤くなっている。

とりあえずGoogleで調べると「結膜下出血」というのが一番症状に近そう。もう少し調べてみると、原因は色々だけど特定は難しい。大体1週間程度で引いていく。繰り返すなら内科などへ診察したほうが良いらしい事がわかった。もちろん目のことなので、ほっておくと怖いので月曜日改めて眼科にいくことにする。

2015年11月30日(月) 受診

前日から特に変わらないので、予定通り眼科へ。勤務先から近いのでオガタ眼科クリニックで受診。前回は二年前辺りにかかったことがあるらしい。

ひとしきり診察を受けて、以下の点を指摘され目薬を2本ほど処方される。基本的には一週間ほど目薬をしながら様子を見るという方針。診療費は初診を含んで2,530円なり。
– 一週間ほど様子見
– 眼圧が2年前より高くなってる
– そもそも両目が充血している
– 眼がザラザラしていてドライアイ気味
– 目薬を処方

コンピュータ系の仕事をしているのでドライアイについては思い当たる節がありまくる。やっぱり原因についてはよくわからないらしい。擦ったりしてもなることがあるらしいけど、特に思い当たるところはない。明日くらいからは、少し温めるようにすると良いらしい。

処方されたもの

それぞれ一日3回程度。同時に差す場合は5分以上間隔を開けること。

炎症を抑える
: フルオロメトロン0.1%点眼液T

ドライアイ防止
: ジクアス点眼液4%

2015年12月01日(火)

あまり変わらないように見えるけど、少し赤みの範囲が狭くなったような気がする。

2015年12月02日(水)

まぶたに隠れている部分なので目立たないけど、だいぶ赤みが引いてきたような気がする。

あと、何人かから酒を飲み過ぎるとこういう症状になることがあるというタレコミがある。酒を飲んでいることは否定しないけど、今まで特にそういった話は聞いたことがないので、今度通院した時にでも先生に聞いてみるのはいいかもしれない。

2015年12月04日(金)

ようやく目に見えて赤みが減ってきた。どうも目の外側から血が引いていっているらしい。

ところで、一週間という話で目薬を処方されているのだけど、これ使い切るの無理だろ。もっと滝のように使う必要があるのだろうか。

2015年12月07日(月) 受診

だいたい一週間たったので、再受診。目に見えて治ってきたと思っていたのだけど、少し予想より直りが遅いらしい。まぁ、こちらについては引き続き様子見。むしろ反対側の目の充血のほうが引かないのが気になるらしい。特に体調など問題はないつもりなのだけど、様子見として内科の受診を進められる。

いくつかの問診のうち、汗を汗をかきやすかったり云々の話をしていたところ、特に甲状腺周りを調べて見てもらったほうが良いとのこと。「まぁ、なにもなければ目の話だけしていればいいので、とりあえず受けてみることをすすめますよ」らしい。内科は特にかかったことがないので宛がないから、まずはそこから調べないとな。

ちなみに目薬は引き続き無くなるまで使ってくださいとのこと。

発起

特段、大病したりしたわけではないのだけど、いい年した人間なのでなにがしか調子が悪くなることはある。その割に大体は放っておいたり、寝倒したり、ちょっとした栄養ドリンクを飲んだり、薬を飲んだりしているうちに、いつの間にか良くなっていて、ついつい始めっから健康でしたよってな顔をしがちになる。

で、振り返った時、風邪を引いたやら腰痛になったやらの記憶はあるのに、具体的なことを思い出せ無いことが多い。もちろん、毎回振り返る必要はないのだけど、前回はどんな症状だったとか、どのくらいで治ったとか、どんなことが原因として思い当たるとか、そういったことくらいは書き残していても良いのではないだろうか。

ということで、ブログのカテゴリとして「健康状態」というカテゴリを作成し、そこに体調が悪かったり病気になったりしたことをまとめて書いておこうと思う。のちのち似たような症状があった時には過去の記録を振り返ることでなにか見えてくるものがあるかもしれない。

また、記事を書く際には、同一の症状の場合は記事を変えずに、一つの記事に追記する形にする。そうすることで一連の流れを確認しやすくなるのではないだろうか。同一の症状(例えば風邪)でも、しばらく間が空いていて別のものだと思った時は記事を改める。また掛かった病院や費用などについてもまとめて書いていければと思う。

書く際には見出しに日付を入れ、受診などした場合はその旨を追記する。タイトルは症状や病名など分かる範囲で書いておく。追記は別に毎日する必要はないが、思い当たったことがあるたびに書いておくのが望ましい。また、完治した or 治ったと思った時は完了を記述することにする。

ところで歯医者などについては定期検診を行っているが、どう書いたものかは不明。歯医者の定期検診という記事を書いてまとめておくか、個別の記事として書き残しておくか。定期検診までしばらくあるので、その時のノリで決めていこうと思う。