分煙なんてやめればいいのに

 最近、禁煙関係の話がどたばたしていて、元喫煙者として色々と思うわけです。

受動喫煙対策の条件が難しい

 先日閣議決定されたという話を見てみると、ある一定の面積以上のお店は全面禁煙とか、資本金がとか色々と付帯条件をつけてごちゃごちゃしているなぁっと思うわけです。

 そもそも例外店舗が55%とか、例外ってなんだっけ。

喫煙室ってなんだろう

 で、読み進めると途中に謎の「喫煙室」とかいうフレーズが出てきてはてな?となるわけです。

 そんな但書なんかしているからよく分からないことになるんだよなぁっと。タバコを吸っていて止めた身からすれば分煙なんて正直良いことなんてない。

 喫煙室という名の狭っ苦しい個室に追いやられてちまちま吸うのもいやだし、結局喫煙室の周りはタバコ臭くていやだし、喫煙者、非喫煙者の両方が不満を持つだけだと思うんだよな。

もっとシンプルになればいいのに

 いっそのこと、タバコが据える場所と吸えない場所を店舗施設単位ではっきり棲み分けたほうがよっぽど健全じゃなかろうか。そして、それを一律に決めるんじゃなくて、各店舗施設、その利用者が棲み分けていけば良いんじゃなかろうか。

 例えば、戸外での喫煙は全面的に禁止、喫煙を許可する店舗施設はすべての出入り口に全国共通のマークとともに喫煙可の旨の掲示と店舗への未成年の立ち入りの禁止、電子タバコも加熱式タバコも一律タバコ。そんな感じ。正直、そんな感じで大まかな原則を決めてしまって、各店舗に任せてしまえば良いんじゃないかと思うんですよね。

中途半端は良くない

 要するに喫煙室とか分煙とか中途半端なことをしているからいけないのです。

 吸えるか、吸えないかをはっきり明言する。そうした上で、喫煙可能であることを売りにするところもあれば、喫煙不可なことを売りにするところもある。利用者はそれをわかった上で利用する。それだけだと思うんだけどなぁ。

 まぁ、そうならないということは、自分にはわからないような何か問題があったりするんだろう。世の中って難しいな。

はてなブログへの引っ越し

今までは自前のプログラム+自前のサーバでブログ的なものを作っていたのだけど、正直言ってメンテナンスが面倒くさくなったので引っ越しをした。

自前でやるメリットは自由にできること、好き勝手できることだったのだけど、最近は特に何かするわけでもないし、そこまで拘る必要はなかったのかなぁっと思う。

移行手順

自前のブログのデータをMTのエクスポート形式に変換する。もともとMarkdown形式で書いていたので単純に形式を変換すればOK。フォーマットの詳しい形式はThe Movable Type Import / Export Formatを参照のこと。

大まかには以下のような感じ

AUTHOR: atyks
CONVERT BREAKS: Markdown
本文本文本文本文本文本文
本文本文本文本文本文本文

直帰率が高いのでいろんな場所で記事の一覧を表示するようにした(追記あり)

直帰率が高い

先日、本サイトのアクセス解析を眺めたところ直帰率が異様に高いことに気がついた。別にこのサイトで何か収益を得ているわけでも特定の人に向けて何か書いているわけでもないのだけど、直帰率が高いのは良くないのではないか。

Google Analytics先生 曰く。「直帰率」は86%台を常にキープ、「ページ/セッション」も1.3周辺とまったくもって振るわない。直行直帰を絵に書いたようなサイトである。

思い当たる節

実は原因に思い当たる節がある。このサイト、ページ間のリンクというものが殆ど無い。

そもそもが雑多なことを思いつくままに書いているので、それ自体は不思議でもなんでもない。ただ、他所のサイトではよく見かける「最近の記事一覧」や「おすすめの記事」とか「人気の記事」とか、まぁそういった類のリンクが全く無い。

対応

それならばと、サイトのトップに新着ブログ記事の一覧を追加して、各記事の下部には同一カテゴリの最新記事の一覧を追加してみた。理想を言えば、この記事を読んだ人が、ついつい別の記事を見てしまうような、そんなことを期待している。

この発想自体は悪くないはずだ。

結果(2015年11月04日)

結果と言っても実施してから大して経っていないのでアレなのだけど、対応後のアクセス状況を確認すると、「直帰率」は79%台と80%台を割り込み、「ページ/セッション」も1.69周辺と改善の兆しを見せている。

もちろん、随分久しぶりに機能を追加した嬉しさで、自分がぺっかぺっかアクセスしていたので、もしかするとそのせいかもしれない。何はともあれ、しばらくは様子を見てみようと思う。

結果(2015年12月01日)

一ヶ月ほど放っておいたので結果を確認してみる。先月と比較したところおおむね増加傾向にあるように思われる。変化値だけ見ると平均セッション時間が大幅に伸びているような気になるが、これは割合のマジックである。

しかし、疑問なのは直帰率が上がっていること。本当はここが改善するのではないかと思っていたのだけど。あと新規セッション率も減少。全体の母数が上がっているのだから、多分リピーター的な人が増えたという解釈で良さそう(13.3% → 16.7%)。でも、このリピーターは自分自身ではなかろうかと思わなくもない。

項目 変化値
セッション 4.52%
ユーザー 0.58%
ページビュー数 7.78%
ページ/セッション 3.12%
平均セッション時間 21.45%
直帰率 -0.12%
新規セッション率 -4.06%

一先ず当初の目的をある程度達成しているのではないかと思うので、もうしばらくこのまま放っておくことにする。

去年と今年の感想について

色々とあった2011年も終わり2012年も1/4ほど経過したので、思ったことを書いておく。

今回のテーマ

一番気になったのは「身軽さ」。
何かあった時にすぐに動けることが大切。そのためには身の回りのものを整理して身軽になること。行動をシンプルにして変化に強くなること。

そもそも震災規模のものが頻繁に起きるとはさすがに思ってないけど、この不景気の世の中は当面続くだろうし、何かがあって現状を維持できなくなることは十分に起こりうる。

変化に強い生き方

となると「現状が続くこと」を前提とした生き方、生活をやめ、変化に強そうなやり方に改めていきたい。そういう生き方ができれば、外的要因での変化に強くなるのはもちろん、自分からも変化を起こしやすくなるのではなかろうか。

例えば、荷物を減らせば引っ越しはしやすくなるし、部屋を探しやすくなる。家賃の下限も下げやすくなるし、移動もしやすい。逆に荷物が多ければ大変になる。

生活レベルの話

端的に言えば、サラリーマンはお給金で生きているわけだけど、自分でお給金を決める訳じゃない。つまり、自分の意思の及ばないところで上がったり下がったりするわけ。一昔前なら下がることを念頭に入れなくてもよかったのかもしれないけど、今はそうは言ってられない。もちろん、上がるかもしれないけど。

となると、自分の今のお給金レベルで生活を構築すると下がった時に困るわけで。今をベースとした分相応の生活ではもはや足りない。自分が最低限稼げるだろう金額をベースに生きていきたい。

職能について

昨今の世の中では、働いてなんらかお金を手に入れないといけないわけで。

となると、なんらかの役に立つ技能というのは持っていて損はないだろう。問題はどんなものを準備するか。かっこいい言葉でいうとキャリアパス。

とはいっても、その方向性は難しい。単純にすれば、専門性を伸ばすか、平均的なレベルを上げて汎用性をとるかの二択だと思われる。変化の速い時代で安牌をとるなら汎用性だろう。そもそも自分が選んだ専門領域が後々まで需要があるかは不明だし、自分の環境が変わることも考えられる。

逆に専門性を伸ばすのであれば、いくつかの専門領域の候補を持っておいて適宜、力点を変えていくのがよいのだろうか。

結局は汎用性を上げつつ専門性を伸ばすという当たり前に落ち着くんだな。

過剰クオリティなことが多いという話

身の回りには、本当にこんな機能や品質、用途が必要なのか分からないものが多い。また、そんなものが身の回りにあれば自然とそれを使うようになり、次第に身の回りが複雑になっていく。

生活をシンプルにすることを考えると、多機能なものや特化したものを選びたくなるけど、それでは煩雑になる。そもそも、そんなものが必要ないような風にやればよいと思う。例えば、使いもしない機能が沢山あるものよりは、機能が少ないもの。ちょっとした機能の違いで同じものをいくつも持つよりは一つのもので代用するように。

シンプルにするのは物だけではなく、行動や考え方もシンプルにしたい。多少のものならば代替可能だし、特化したり、単機能にしたりせず、むしろ、それ自体を省くことも視野に入れていきたい。

買い物の時に考えること

なにかを買うときにの寿命を考えるのは重要。これは製品自体が使えなくなる製品寿命ではなく、自分がいつまで、どのくらい使うかという寿命の話。

例えば、コップを例にとる。紅茶用のカップならば紅茶を飲むときにしか使わない。既に紅茶用のカップを持っていれば、さらに利用頻度が落ちる。マグカップならば大抵のものを飲む場合に使うだろう。なにかを買うときには、それを意識する。

また、逆に手慰みで買うと初めから思っているのなら、それはそれでよいのではないだろうか。

情報のワークフローの簡素化

最近色々なサービスに手を出したところ、どの情報がどこに行っているのか分からなくなっているのがいまいち格好悪い。また、SNS系のサービスについてもTwitter、Facebook、Google+などごちゃごちゃとしているので整理したい。それに不要なものは凍結しておきたいし。

今回対象に考えたいのは以下のサービス群
よく使っているサービス
・自分のブログ(Changelog)
・Twitter
・Facebook
・はてなブックマーク
・Evernote

目的
情報のゴールをどこに置くか
サービスを眺めると、やっぱりEvernoteを情報のゴールにしておくと後から情報を探したりするのに都合がよい。また、情報を手軽の出力できるのはTwitterなので、この2本立てを絡めていきたい。Twitter → Evernoteの連携はtwieve(ツイエバ)

また、自分がまとめた情報は自分のブログ(というよりChangelog)に転記しておくと便利っぽいのでそのように。

ブックマーク系
・Webページ → Evernoteへ本文を登録
・Webページ → Read It Later → Evernoteへ本文を登録
・Webページ → はてなブックマーク → Twitter → Evernote

別にはてなブックマークを使う必要もないのだけど、Twitterに飛ばしてくれるのが楽。

つぶやき系
・Twitter → Evernote
・Facebook → Twitter → Evernote

ここは基本通り。何気ない過去の呟きを後から参照することもあるので、なるべくまとめておきたい。

メモ系
下書き、情報収集と簡単なまとめはEvernote。ある程度形になったらChangelogに転記。公開して問題ないものであれば、ブログのエントリーとして公開。

紙でとったメモは、状況によってChangelogかEvernoteに転記する。この転記を忘れるとメモは必ずどっかに行ってしまうので気を付けたい。

SNS系
・Google+は、特に当てが無いので使わない。放置モード
・mixiは、特に当てが無いので使わない。放置モード
・Facebookは、自分の知り合いに向けた情報を書く場所(公開のものはTwitterに)
・Twitterは、それ以外の情報をまとめておく場所 兼 Evernote登録窓口

使わなくなったサービスの扱いについて
使わなくなったサービスをそのままにしておのは非常に気持がよくない。なにか対応を考えたい。

もちろん各サービスごとに退会なる項目があり、おそらく大多数のサービスは良心的に退会処理+データの削除をしてくれているのだろうと思うので退会すればいいのだけど、一抹の不安は拭えない。

もし、古いデータが何らかの理由で使われたり、逆に将来的に改めて使いたくなるようなサービスに進化する可能性を考えると、退会してしまってサービスに対するコントロールを失ってしまうのは得策とはいえない。

と言うことで、「凍結中」であることを明示して最低限のデータを残した状態でアカウントを保持し続けてたほうが良いのではないだろうかと思う。例えば、はてなダイアリーを使わなくなったからといってはてなを退会するのではなく、はてなダイアリーのデータを削除した上でアカウントを使わないようにしておけばいい。

はてなブログへの引っ越し2

嵌りポイント

  • DATEで一意になるよう判定しているようなので、DATE重複すると記事が消える
  • CONVERT BREAKS: Markdown を指定しないと本文がMarkdown判定されない
  • DATEは時分秒まで必要
  • Markdownで段落中の改行するのに文末にスペース2つが必要

カテゴリは勝手に作ってくれるので適当に。

あと、今のところは問題ないけど、Markdown形式でインポートしてもエクスポートする時はHTMLに変換された形で帰ってくるっぽい。なんでやねん。普通に入れた形式のまま出してくれよと思う。

ちなみに、画像が云々とか、独自ドメインで云々のと言うのは、あまり関心がないのでここでは考えない。

っていうか、段落中の改行が文末スペース2つってのはやめてほしい。単純に改行を活きにしてほしい。それだけで面倒臭さがどうにかなりそうなのに…

その他残務

とりあえず旧ブログからリダイレクトをかましたりはしてるけど、このへんは適当に。そういえば以前やっていたはてなダイアリーも残ったままだけど、別に何かあるんだろうか。あれも放っておく。

まぁ、まずは移行するのができたのであとは追々やっていけばいいんじゃないかな。折を見て旧ブログの方も整理しないとな。